この素晴らしい世界に祝福! 12巻 「女騎士のララバイ」 感想

ついにダクネスとアレをしてしまったカズマ…
この素晴らしい世界に祝福! !12巻 「女騎士のララバイ」 感想

というわけで12巻ようやく読み終えました。
読み終えたのは結構前ですけどね。
夏に買って今更って感じですが…
感想としては、このすばがだんだんとラブコメに走っているな~という感想ですかね(笑)
前回突然訪問してきたシルフィーナ
ダクネスの娘ではありませんでしたね。
誰もが予想つく結果ですけどね。
てか、シルフィーナって可愛いんですよね。可愛いんだけどなんか目立たない。
その原因がさっきも言ったラブコメ感。
これらが先行しているため、せっかく登場した新キャラが完全にもぶになっていました。
てか、モブなんかな?
でも、話の方はちゃんと面白かったです。
ちょっと驚いたのが今回はじめて税金について出てきましたね。
税金を冒険者からは取っていなかったという…日本も見習ってほしいものです(笑)
しかし、お金もちが増えたため、モンスターが増えるが冒険者は働かない。
税金を仕切っていたのがダクネス。
貴族ですからね。
カズマは特に大金持ちだからその税は大変な額。
冗談じやないと逃げるカズマ。
結構簡単に逃げられましたね。
時間厳守するようです。

めぐみんとダクネスとカズマの関係。
この3人が、恋人になるのか友達のままなのかかなりあやふやでしたね。
めぐみんがかなり落ち着いた様子で告白してましたが、ダクネスも同じ気持ちだというのは分かっていたようです。
めぐみんが先って理由じゃないけど、カズマはメグミンとの仲を真剣に考え始めた辺り、こりゃ近いうちに成立するなと本気で思いました。いや、実際そういう話になってもいいと思います。
異世界だからハーレムということで、ダクネスとも付き合うっていうのもあり(笑)

ダクネスの以外な一面。
ダクネスが孤児院で子供の世話をしていましたね。
実にお姉さんらしいシーンでした。
てか、母親って感じにもとれます。
ところでそんな子どもたちが病気になる。
治すために、薬の材料調達が始まりましたが、一番難点だったのが「悪魔の爪」
バニルに紹介してもらったきぐるみの悪魔。
可愛いのか?(笑)
色々と苦戦しましたが、アクアのだし汁というものを使ってゲット。
その過程でクリスと合流して協力しましたが、次回はそのクリスが活躍するのかな?

まとめ。
簡単に言うと、最近のこのすばはラブコメです。
もう異世界とか思うのはやめようかと思い始めました。
もちろんこれはつまらないという意味ではありません。
見方を変えて、これから見続けたいと思います。
流れ的に、恋愛事情が本格的になっているので、これでまさか俺たちズッ友だよみたいな展開に戻るとかはありえないと思います。
引き返せないところまで行っていますのて、逆に面白いと思います。

以上。
スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録 - ジャンル : 本・雑誌

姉なるもの コミック1巻 感想

Q・悪魔のお姉ちゃんは好きですか
A・「ハイ(^q^)」

続きを読む »

テーマ : アニメ・コミック - ジャンル : アニメ・コミック

縛りプレイ英雄記2巻 剣が振れない聖騎士さま 感想

2P9-6kR7.jpg
聖騎士のイリスというツンツンしたマリーの護衛登場。
使えない騎士と言うと、最近じゃ『このすば』のダクネスを連想しますが、ダクネスとの大きな違いは、使えないのではなく、武器のチョイスにあった。
確かに、大剣なんか使っていたら戦闘にならない。
それを気づかせてくれたのがジンでしたが…
今回の見所のひとつ“イリスがジンにデレるまで”というのがあります(笑)
しかし、なかなか堅い女の子でしたね。
この状態を続けて行くのかな? なんて思っていましたがそんなことは無かった。
イリス登場でだいぶマリーの出番は減りましたが、その分、ユメの出番や今回初登場するヒトミもまた、人気が出そうです。

メデューサのイメージ。
メデューサというと頭にある蛇が特徴で、見たものを石にしてしまうという石化ですよね。
大体のゲームって石になると死亡扱い。
その石になるという事自体に疑問を持つってなかなかありませんでした。
ジンはそこら辺に気がつくってなかなか頭いいんだなとも思いました。
てか、石になってしまったのか→メデューサを倒すぞが定番ですが、全く違う路線で行きましたね。
石化された住民の女の子のパンツを覗く行為。
確かに石化されたら服も石化させると思うんですが…パンツはどうなっているかなんて考えたこともありません。
それが大事な伏線になろうとは思いもよらなかったですし(笑)

新キャラ。ひとみ。
まぁ、重要キャラでネタバレになっちゃいますので細かくは言いませんが、非常に可愛いくてなつくロリですね。
前巻のユメといい、今回のヒトミといい…ジンはハーレム王になるつもりなのだろうか?
もちろん一番はマリー。
ひとみとは、召喚獣契約もしましたね。
苦労したけど、契約した価値はある。
こうやってどんどん仲間を増やすんかな?それはないと思うけど…
このペースだと仲間増えまくっちゃいますからね。

イリスはどうなんだろう?
今のところデレまでは行かなかったけど、この2巻で少なくとも悪友レベルまでは成長したと思いました。
イリスは大事なツンキャラなので、今後の活躍が楽しみですね。
もちろん、今回の騒動で強くなったイリスがどれだけ無双するのか?
多分今のイリスが敵わない強敵が現れるんだとは思いますが…
それにしてもジンの怖い顔。言うほど怖くないと思いますが(笑)
異世界人にとっては怖いんでしょうかね。
この怖い顔のネタはまだまだ沢山使うんでしょうね。
それってどうなのって思いますが…
次回もどんな出会いがあり、事件があるのか…楽しみです。
評価・B(S~Eランク中)

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【美少女文庫】 桜の咲く頃、僕は妹と再会する。 感想

4日間限定という名の妹デリヘル(←コラ)
【美少女文庫】 桜の咲く頃、僕は妹と再会する。 感想
というわけで、棒有名ラノベ読者から紹介してもらった感動作品。
個人的には作者が何やっていたのかとかよく分からなかったんだけど、絵師については知っている人でした。
実際、この作品のまず良いところは読みやすい。
まるでギャルゲーをやっている感覚でした。

さて、内容ですが…
内容を簡単に言ってしまうと。
死んだはずの妹が4日間限定で復活→思い出作り(大体イベント+エッチが入る)→悲しいけどお別れ→生まれ変わってお兄ちゃん大好き!
以上です。
簡単に言ってしまいましたけど、一応主人公の過去や、病気の妹をもつ辛さや、学歴の事情など、いろいろと設定はうまくできていると思いました。
ある程度のオチが分かっていても、この手の作品は心が揺るぐ。感動までは行かないけど、読んでいて、心の奥底から込み上げてくる可哀想な気分にはなる。
まあ、そんな可哀想な妹と激しくやるんですけどね(笑)

これは18禁なの?
これが最大の謎でした。
挿絵には明らかに性的行為をしているイラストが入っている。しかし、そこにリアリティーはない。
子供が間違ってフェラシーンの挿絵を見たところで「この女の子バナナにしろっぷかけてるー」って程度。
そもそもこの作品自体一般書籍コーナーにある。
普通に手に取れるもの。
ここではこの件についての追求はやめておこう(長くなるから)

さて、感想と言っても言うことはただ一つ。
ただのギャルゲー。
でも、主人公の現在の大学への進学への理由や、病弱な妹がいることによる悲しい過去などの話は結構面白いと思った。
こういったテンプレ作品は、テンプレよりもその他の設定が結構重要。
その点では面白かったと思った。
美少女文庫…
また機会があったらチェックしたいと思います。
以上。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 2巻 感想

ようやく読みました。
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか 2巻 感想
さて、感想ですが正直テンポがやや落ちている感じはしました。
魅力的なのは真々子さんが登場するシーンぐらい。
でも全体的には普通と評価したいですね。
今回の話は学園に通うという話になっています。
オンラインゲームなのに学校生活ですか。
でもその期間は非常に少なく、突然今日は修学旅行に行きます的な話や文化祭やります的な話は少しだけクスってなった。
見せ場と言えばやっぱりメディでしょうね(当然ですが)
メディの登場でワイズが完全にモブキャラ。
あ、でもポータは隠れファンが多そうなので人気としては安定すると思います。
人気投票なんてやったらワイズは多分下の方じゃないだろうかと個人的な感想(笑)
もちろん1位は真々子。
てか、年齢偽ってない? 真人と本当に親子なの? って何度も疑う。
で、話を戻すと、メディという純粋そうなヒロインの登場。これがすごい裏があった。
実はものすごく毒を吐く女の子だった。
でも人前ではピエロを演じる。
こういう女子はかなりいると思う。
でも、ここまで変貌する女子はなかなか居ない。
その原因がメディママなんだが…おかしい。
真々子とメディママを比べるとやっぱりメディママは年相応? に老けている。
多分40代半ばに見える。
リアルママンだ。
JKのリアルママをやっとまともに見れた感じがした瞬間でしたとさ(笑)
真々子とメディママを見て、真々子が年齢を感じさせないのは、やっぱり心にも影響があるからなのだろうかとも思いました。
まぁ、年よりも活発で動いている人のほうが若く見えますからね。
一応メディママもそれなりに苦労はしているようです。
ただ、人の考え方、とくにリアルママの考えがけっこう影響されている感じはしました。
てか、メディママみたいな母親はかなりいる。
子供にとってはストレスになるんですよね。
そんな親子関係を解決していく真人もなかなかいい感じに動いてくれました。
まぁ、メディの親子関係については、前作のワイズ親子とあまり変わらない感じはしましたけどね。
特殊ってわけでもないです。
ありえそうな親子関係です。
メディ親子に共感できる人は多分いると思います。

しかし、メディのスク水は良かったですね。
セクシー要因が増えて満足です。
真々子のスク水とセーラー服はどうだろう(笑)
何度も言いますが年相応に見えないから似合っているんですよね。
同級生が自分の母親に本気告白するって経験は、地球上探せばいるかもしれない。
少なくとも自分は嫌だな…と思いました。
そんな経験ができるのがこの作品。
今回も普通に楽しませてもらいました。
次回作は学園生活ではなくファンタジー要素を強くした活躍に期待したいですね。
以上。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : アニメ・コミック