FC2ブログ

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 4巻 感想

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか 4巻 感想
今回何が一番驚いたかって…読んだスピード。
なんと1週間で読んでしまった。
早い!
さすがゴールデンウィーク。本も読める。
さて、そんなわけで一気に読んだわけですが、今回の舞台はカジノですね。
母はカジノには否定的だという真人達はチラシを見て母に内緒でオカンヤーデとか言う場所のカジノに向かう。
母同伴であったが、母をごまかすために四苦八苦。
カジノっていうのはカジノじゃないと思わせる下りはチョット無理があるでしょ(笑)
まぁ、そんなわけで真人は母の相手をするためにカジノにはいけなかったが、他メンバーはカジノに言って大損と違反金を課せられる。
そもそもギャンブルで稼ぐっていう時点で胡散臭いんですよね。
バニーガールとして従業員になったメディ達はなんと、魔法職が使えなくなってしまい、いつもの力が出せなくなっていたという。
職業を変更できちゃうのって結構最強だなって思いました。
勇者であっても遊び人にすれば一気にステータスとか下がるんかね。
伝説の剣を鉄の剣に変えるぐらいすごいんじゃない?
まあ、四天王だからそれぐらいはできないとね。
このピンチを救ったのはもちろん真々子。
強運の持ち主でもあったのか(笑)

地下に眠る重要アイテムの回収。
しらーせを未だにイメージできないんですけど、まいど死んだ状態で登場するのはもはやお約束になるのか?
しらーせによると、地下に需要アイテムがあるということで向かいます。
地下にあったのは…まあネタバレになるから濁すけど、子への愛を確かめるような試練でしたね。
ギャンブルか子か?
そんな選択肢を出されて、前者を選ぶ親は、縁を切った方が良いかもしれないよ、という無言の訴えにも思えました。
それにしても今回は真々子のバニーガールが強烈でしたね。
まあ、息子にとってはおもしろくないと思うけど、第三者から見ればそれはごちそうでしかないんだよ。
こうやって、母親のコスプレを楽しむのがこの作品の魅力? 見所?になっている気がして少し不安を覚えた。
まあ、ファンタジーで戦うシーンなんぞ、全部良い所は真々子にもって行かれちゃうんだけどね。
というわけで次回はどんなコスプレが?出てくるんかな? 
楽しみです。


評価・B(S、A~Eランク中)
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

この素晴らしい世界に祝福を! 13巻 リッチーへの挑戦状 感想

2ヶ月ぐらいかかった…^^;
この素晴らしい世界に祝福を! 13巻 リッチーへの挑戦状 感想

ライトノベル読むのって優先順位低いから仕方ないね。
さて、というわけで、ようやく今年2冊目のライトノベルを読み終えることが出来ました。
なんというか集中力がない以前に色々とやっているせいで細々と読んでいました。
そんなわけで内容が完全に印象に残っているシーンしか覚えていないことをご了承(笑)

今回の話もカズマがハーレムに一歩前へ進むっポイ展開だったと言えばそれまでだけど、ちょっとした変化点はあったと思います。
それはまぁ終盤になっちゃうんですが、今まで散々言われていた魔王軍との決着をつけなくてはいけないフラグが終盤で立った気がします。

つまり、この作品も決着を付ける時が来たのかなって感じました。

ここまで長くつづくと決着をつけるって言うと実感ないですが、そこんとこどうくぐり抜けるのかがこの後の14巻以降で見たいところですね。
魔王幹部がまだまだどれだけいるかはわからないけど、そろそろ魔王との直接対決もあっていいとも思った。
あれ? あったかな?
流石に13巻まで行くと魔王って出たっけ? 
とかチョット記憶が曖昧で心配になる。
そんなフラグがたったセリフが合ったことがまず第一に印象に残ったことですね。

次にウィズを好きになった男?の話。
いや、実際はまぁ、そういうのじゃなかったのですが(お察しの通り)
ウィズに熱烈告白やアピールするシーンを見て、本当にウィズのことが好きなのか~つて疑問にも思いませんでしたが、その正体とオチはあまりにも予想外の展開と正体でした。
ウィズとのストーカーのデュークとの最後の戦いは結構良かったと思います。
カズマもそれっぽいことを言ってましたが、緊張感のあるファンタジーなバトル展開はぜひアニメで見たいシーンになりましたね。
というか、ウィズと結婚したら子作りとかってどうするんだろう?(笑)

あとは色々と面白い部分的な話はあったのですが、安楽少女の詳細がもうちょっと見たかったかなーっていうのが思ったことかな。
以上。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか 3巻 感想

全体攻撃母3巻
ちょいと前に、4巻を購入しました(←マテ)
で、ようやく3巻を読み終えました。
実に2ヶ月ほどかかったと思います(泣)
さて、今回はかなりドジっ子な強敵が現れましたね。
知らせる必要もない情報をホイホイと言ってしまうほどのドジっ子のミランダ。
しかし、これが強い。
多分ちょくちょく出てくるだろうライバルになると思います。
今回はギルドが誕生するんですが、その名もお母さんギルド。
ゆゆ式の情報処理部が作りそうな名前ですね。
そっちだったらまだ良かったが、こちらは実の母が関係しちゃっていますからね。
実の母というと、序盤、敵さん側だった柄の悪い人達のお母さんたちが地味にリアル母を連想させてくれましたね。
これぞかーちゃん。
そうそう、あるある。うちのかーちゃんもこれだわなどと思わせるようなネタが多数出てきたと思います。
そんな母達が今回一番の難敵(味方だけど)だったんじゃないだろうかと思いました。
まあ、でも家の心配をするのは母親としては当然ですよね。
真々子がそれらの心配をしても、なんとも思わずに、寧ろネタで言ってるんだろうなって思うレベルですけど、顔も出ないモブ達のかーちゃん達が言うと説得力がある。
オチは最初に予想した通りになる…
これについてはどう閉めるんかなって思いましたけど、苦しいけど少しは変わったのか? でも結局はそういう未来を歩むことになったんですけどね。
で、今回よかったシーンはサービスシーンで、下着やらを露出しても抵抗無い仲間たちってところでしょうかね。
これってパッチとかである水着キャラで冒険できるみたいな感じでしょうね。
ほんとアニメ化が楽しみですね。特にサービスシーンの。
あと、この話というか、冒険の目的が少し触れられたのはよかったかな?
あいまいになって、そのうち忘れられそうな予感はしましたから。
というわけで、4巻も楽しみですね。
まあ、もう手元にあるんですが…
今違うのを読んでいるので、その後ですね(笑)
以上。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学