会社で災害にあった話【日記】

今日は会社の愚痴…ではなくて、昨日会社で起こったことを話します。
まあ、結論から言って俺がケガした話なんだけど(笑)
何でゲガをしたかって…とある通り道に手のひらほどの鉄板が見えない所に設置してあるんだけど…まあ、見えない理由ってのは濁すけど、それに手を引っ掻けて、指先2センチ程切りました。すごかったよ。何がすごいってまず出血。血が全然止まらない。会社に在住の専用の人に治療してもらいましたが、それでも30分ほどどばどば血が出ました。深さはそんなになかったんだけど、範囲がひろいせいか、しばらく血は止まらず…血をポタポタたらしてました。
なんか、久々に大ケガをした感じですね。お陰でよるのチュウニズムは難易度低めしか選びませんでした。
その後、担当者と現場検証。その日のうちに「不安全状態」は改善されました。

さて、今回の災害で気になったことがあるんですよね。
現場の状況です。
先程も言いましたが、見えない所に鉄板が設置されていた。
これ、どう見ても誰がケガしてもおかしくない状況ですよね。
不安全状態はそんな鉄板を放置したから。
では、私は不安全行為をしたことになるのだろうか?(笑)
そんなことを心の中で考えながら、俺は治療を受けてました。
災害発生には必ず不安全状態と、不安全行為が重なると言いますが、この場合、不安全行為なんて一切していないからね。日常誰もが通る道だし。
こんなケースもあるんだなって思った。
まあ、逆に言わせれば、というか、お偉いさんがたも言ってたが、俺がケガしたお陰で他の人がケガをすることがなくなったと。
俺は犠牲になったのか…
まあ、そんなわけで手をケガしましたが、チュウニズムに影響は…あまりありません。昨日もパッドつけてプレイしていたしね。
ただ、傷が深いので、しばらくは気を使いながらのプレイになりそう…
つらい。
以上。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記