FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ 第12話 【屋根の上の猫】 感想

「湯音~買い出しイクゾー。ジジィ、なんか足りねーのないか?」(←マテ)
すき焼きがまた食べたくなった……クロードが嫌いなものなのでしたっけ? 
フランス人に好きやの牛丼食べさせて見たいですね。
ん? フランスに牛丼屋ってあるのかな?(←マテ)
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray]異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray]
(2011/10/26)
東山奈央、近藤隆 他

商品詳細を見る
「ジャポネーズ、ずいぶんフランス語がうまくなったな」
爺さん。あんたたちもフランス人なのに日本語がうまいなw
しかし随分と大人気になりましたね。フランス人にとって日本人は癒しになったでしょうかね?

クロードの看板は町の中では大人気。
というか、揚げ足見たくなっちまいますが…クロード以外の看板屋ってありましたっけ?

「湯音が去ったとき、寂しくなる」
最終回ですからね。湯音が突然日本に帰るってシーンがあってもおかしくはないですよね。
仕事場に置かれた手袋を触ったことでクロードが突然切れました。
ここで切れた意味が最終回のこの場面でもよくわからなかったですけど、伏線ありましたっけ?

ジャンは小さい手……手袋が形見のようでした。
クロード本人はゴミのように語ってますが、何か思い入れがあるようです。
「何処か行けといったけど、ギャルリの中だけだぞ」
なんだクロードはヤッパリツンデレか(←マテ)
クロードの心の闇は、最終回で解放されるのでしょうか?

お前また虐めたのか?
そんなに心配なら、鈴でもつけておけ。
その言葉にピクリと動いたクロード。
猫に鈴は当たり前じゃないのでしょうかね?
ところが今回の話ではきちんと意味があるようです。

「湯音ちゃんが行方不明!?」
話が大げさになったところで湯音探しに入ります。
皆に心配される湯音は本当に幸せ者ですね。

猫の鈴の音。湯音の行方。
ヤニックさんの猫は10年前から
ギャルリの外は外でも、屋根の上にいました。
なぜそんなところに湯音が上ったのか?
これば一番の謎でした。
いや鈴の音を聞いたのは分かるのですが、結局その鈴の出所が謎なんですよね…
そして、湯音落下。ガラスに耐えられるほど湯音の体は軽いのですね…。
そして知らされるクロードのおやじの真実。
おやじさん、転落死したんですね。
というか、目の前で転落死した子供の気持ちは、さぞトラウマだったのでしょうね。

「いつかグランマガザンに連れていってやる」
そこでおやじさんが死んだようです。
えっ? 死に場所に連れて行くって複雑でいやな感じがしました。クロードは耐えられるのでしょうかね?
湯音は居るだけで、皆を安心させている
「ギャルリの家族になれたでしょうか?」
はい! 私もこのアニメを見て、湯音の家族になりました(・∀・)ニヤニヤ(←マテ)
スタッフの皆さんお疲れさまでした。
最高の癒しアニメでした。
スポンサーサイト



テーマ : 異国迷路のクロワーゼ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫 - Chats sur un toit」 感想

もう一人ぼっちじゃない 作業場で仕事をするクロードを手伝おうとする湯音。 一番小さな手袋を使おうとするがそれを見たクロードから思わぬ叱責を受けることに。 店から姿を消した湯音をクロードやギャルリの住人で捜索することになるが…。 湯音はもう立派にギャルリ...

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」

私 ギャルリの家族になれたでしょうか――? 鈴をつけた猫の看板も クロード父の作だという。 そんな話を聞けるほど 湯音はギャルリのみんなに馴染みました(笑) でも すぐ居なくなる湯音は クロードに...

異国迷路のクロワーゼ#12

第12話 『屋根の上の猫』 ――チョイ拾い!!

異国迷路のクロワーゼ 12話(最終回)

鈴なんて、いらない。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」12話(最終回) 屋根から見る風景の巻。 未完成だからこそ、お互いに支え合う。 そんな結びつきの大切さを、美しさを、伝えたかった...

異国迷路のクロワーゼ 第12話 屋根の上の猫 Chats sur un toit

今回はいよいよ最終回。 グラン・マガザンに行く事を頑なに反対した理由も明かされ、クロードがただ狭量な男という訳ではないと判明しましたが、語らないと理解は出来ないですよ ...

異国迷路のクロワーゼ 第12話(終) 『屋根の上の猫』

毎度おなじみ。ヤル気が空回りする湯音と、言葉足らずのクロードが衝突。でも居なくなった湯音にオロオロ。最後は無事で良かったとひと安心。三歩進んで二歩下がるような二人の関係も一旦見納めです。 家事は無難にこなすようになった湯音ですが、物足りなさを感じている?...

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫 Chats sur un toit」

「私、ギャルリの家族になれたでしょうか?」 もちろん、湯音はギャルリ・ド・ロアの家族です 湯音をみんなが探してるシーンを見て、すっかりギャルリ・ド・ロアの大切な一員になったんだぁ~って思いました。

異国迷路のクロワーゼ #12

【屋根の上の猫】 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray]出演:東山奈央メディアファクトリー(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る こちらも最終回ですね(´Д⊂) 

異国迷路のクロワーゼ 第十二話 感想

猫に鈴をつけるってのは、不可能なことを言う 「異国迷路のクロワーゼ」第十二話感想です。 異国迷路のクロワーゼ ねんどろいど 湯音 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)(2012/01/31)グッドスマイルカンパニー商品詳細を見る

異国迷路のクロワーゼ 第12話・最終回 感想「屋根の上の猫 Chats sur un toit」

異国迷路のクロワーゼですが、湯音は不用意に手袋に触ってクロードを怒らせます。オスカー爺さんは理由を説明しないと湯音も怒られ損だと言いますが、クロードは触れられたくないこともあるようです。 オスカーは、あれはクロードの父親の手袋だったと湯音を励ましますが...

異国迷路のクロワーゼ 第12話 「小さな存在 - petits présence -」

見た目の大きさ と 心にある大きさ の違いが上手く表現されてましたね。 ヤニックさんの心にある黒猫。クロードの心にある父親と湯音。ギャルリの人々の心にある湯音。 それぞれ見た目に反して、月...

「異国迷路のクロワーゼ The Animation」第12話(終)

ギャルリは、家族です 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109190000/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.16 メディアファクトリー (2011-09-21) ...

異国迷路のクロワーゼ The Animation  ~ 第12話 屋根の上の猫 - Chats sur un toit

異国迷路のクロワーゼ(いこくめいろのクロワーゼ) ~第12話 屋根の上の猫 - Chats sur un toit 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリ...

異国迷路のクロワーゼ 第12話 「屋根の上の猫」 感想

普遍的な存在―

異国迷路のクロワーゼ #12 「屋根の上の猫 Chats sur un toit」

感情に任せて「どっか行ってろよ。」と湯音に言ってしまったクロード。この一言が、災いを招きましたね。

異国迷路のクロワーゼ:12話感想&総括

異国迷路のクロワーゼの感想です。 異国の地でのすれ違いと認め合い。

異国迷路のクロワーゼ 第12話「屋根の上の猫」 (最終回)

湯音ちゃんの素敵んぐスマイルとも今回でしばしお別れ。 途中ちょっとしょんぼり展開もあったけど、良い感じに和んで終了。 それにしてもお姫様だっことは…クロードもやりよるのうw ギャルリの人たちと...

異国迷路のクロワーゼ The Animation「第12話 屋根の上の猫 Chats sur un toit」/ブログのエントリ

異国迷路のクロワーゼ The Animation「第12話 屋根の上の猫 Chats sur un toit」に関するブログのエントリページです。