ゴールデンタイム 第5話 「ボディ・アンド・ソウル」 感想

なんだろう…
この作品ただの主人公の回りに女の子いっぱいな萌えアニメかと思っていたらいきなりの超展開。
主人公は幽霊だったのです。
( ゚Д゚)ポカーン
ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)ゴールデンタイム (7) I'll Be Back (電撃文庫)
(2013/10/10)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る
田舎に帰省していた万里は昔の写真を発見して色々と苦しむ。
そこに突然現れた主人公2Pカラー(←コラ)
主人公には見えないが、主人公幽霊は主人公が見える。
どうしてそうなったかと言うのを説明してそのまま帰宅。
ンダと万里の昔の関係がこの話(1クール)のなかで一番重要な目的になりそうですよね。
まあ、その前に解決するべき問題もあります。

主人公の記憶喪失。
この事実と主人公の記憶(幽霊)が今回の話で2つに別れているというのがやっと理解出来ましたね。
しかしこれを5話にもって来たのは原作どおりなんかな?
これぐらいの重要な情報なら3話ぐらいに持って来ても良いと思う。起承転結を無視しているとも思えます。
そんなに宗教から逃げ出す話が重要だったのでしょうかね?
まあ、森の中でリンダと出会うシーンと突然「バーバラ」と言ったことに何か関係があると思いたいですけどね。
あるいは4話にて告白をしたシーンを3話ラストに持ってくるべきだったのか?
まあ、そんなことを考えてはきりが無いので先を考える。
んで、告白の結果だが…
「良いお友達になろう~」
ズッ友ですね分かります。
しかしこの友達と言ったのが準備段階なのか本気でそう思っているのかはこの時点ではまだ分かりませんね。
考えられるのは、加賀さんが…
0・そもそも柳澤光央が好きだから。
1・純粋にお友達になりたいと思ったから。
2・お断りの意味で言った。
3・とりあえずキープ持ちとして友達になった。

など考えられます。
まあ、3はあって欲しくないw 
というか、加賀さんというキャラはとても純粋すぎるゆえに1番だと思います。
というか、0番はね、可能性が半分消えたので少しだけ候補に入れときます。
もう加賀さんは半分ぐらい光央の事をあきらめようとしているのではないだろうか?
まあ、それぐらいしなくちゃ話が始まらない(←コラ)
今回見てそう思った。
正直、加賀さんが万里に落ちる日はくるのだろうか?
俺はそれを最後まで見届けたい。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴールデンタイム #05

『ボディ・アンド・ソウル』

ゴールデンタイム TokyoMX(11/02)#05

第5話 ボディ・アンド・ソウル 公式サイトから実家から戻ってきた万里を待っていたのは香子からの告白の返事だった。 翌日、いつになくハイテンションで接してくる香子に戸惑う万里だったが、 柳澤はいつものことだと取り合わない。 そこに現れたリンダ先輩へ前のめりにおまけんに入会することを告げる香子。 そして意気揚々と阿波踊りの練習をしようとするのだが…。 高校の卒業式の翌日、事故に合った万里。蓬莱橋...

ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」

万里から分離した幽霊が登場。 過去の万里とリンダとどういう関係だったのか気になりますね。 実家から戻ってきた万里を待っていたのは香子からの告白の返事だった。 翌日、いつになくハイテンションで接してくる香子に戸惑う万里だったが、 柳澤はいつものことだと取り合わない。 そこに現れたリンダ先輩へ前のめりにおまけんに入会することを告げる香子。 そして意気揚々と阿波踊りの練習を...

(((;゚Д゚)))まさかの幽霊視点?! ~ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」~

「(教えてやりたい…俺にとってリンダがどういう存在だったか)」

アニメ感想 13/11/01(金) ストライク・ザ・ブラッド #5、ゴールデンタイム #5

ストライク・ザ・ブラッド 第5話『戦王の使者篇I』今回から新しい物語になるのですが・・・相変わらず雪菜が可愛いです。着替えを覗かれたのも自分の責任だって。いや、100%古城が ...

ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」

第5話「ボディ・アンド・ソウル」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

ゴールデンタイム 第05話 ボディ・アンド・ソウル やり直し感想

リンダさんルートでさ、終わりでいいんじゃない?

ゴールデンタイム 第5話「ボディ・アンド・ソウル」

記憶を失くしたリアルの万里の傍らに立つ幽霊の多田万里・・・ ・・・これはまたヘヴィーなのが来ましたね。 なんとなくキャラの顔立ちが似てるような気がして『俺たちに翼はない』の主人公をふと思い出したのですが、その『おれつば』の羽田鷹志は多重人格でも互いの記憶とか共有してましたけど、こちらの万里はリアル側が事故以前の記憶をスッポリ抜かしている上に、幽霊の万里→リアルの彼自身が一方通行だし、高校の時...

ゴールデンタイム #6

【イエス・ノー】 ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に (電撃文庫)著者:竹宮 ゆゆこアスキー・メディアワークス(2013-04-10)販売元:Amazon.co.jp 高校生の時は好きだったのか ...

ゴールデンタイム第5話『ボディ・アンド・ソウル』の感想レビュー

折角告白したけれど、とりあえず友達止まりでおあずけ状態とは生殺しにも程がある(´;ω;`)ブワッ回でした。 ここでなびいたらなびいたで尻軽女とか言われてしまいそうなシチュエーションでもあるわけですが、愛情より友情優先という絶対防壁を築かれてしまっては、繰り返...