物語シリーズ セカンドシーズン 第23話 「ひたぎエンド 其ノ參」 感想

俺みたいなおっさんが、女子高生を好きにできるってどんな気分?
最高だね~ 
我の志願でもあり、人生の目的でもある…んじゃないでしょうかねw
ガハラさん「○ね」
女子高生か死か…( ゚Д゚)
OPはわざとですね。文字がデカくなっていたのは(←そこ)
鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]鬼物語 第一巻/しのぶタイム(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/04/23)
神谷浩史、斎藤千和 他

商品詳細を見る
貝木の呼び出し
会って話がしたい。
本当に、女子高生を呼び出せる能力が羨ましいね~
ということで駅で待ち合わせ。
ガハラさんは制服で登場。
俺からすれば、上に羽織っていた物を含めて私服だと思うんですけどね。

女性を呼び出す時は予約ぐらいとっとけ~
ああ、さーせんw(←マテ)
ミスタードーナッツって食事できる所あるんですよね。
大体は持ち帰って食べると思いますけど(偏見?)
そこで告げられた事実。
撫子にあった。そして知った。あいつは馬鹿だ。
う~ん。
同情を誘う場にあった。感情移入が激しいってことかなw
つまり、撫子を騙すことは簡単。
要約すると、あの神社に信者として通い続けて、そして暫くしたら二人は交通事故で死んだと言う。
それが成功すると断言。
いや、流石にそこまでバカな神様はいないでしょ~
………え? マジで?
というか、俺が先週言った予想が大体当たってるとはw
まあ、それだとしても一つ追加。
死んだことにして、さらにこの町には二度とこない事が前提じゃないんじゃないでしょうかね?
まあ、そこらへんはどうでもいいかw

ガハラさん。貝木にデレる(←コラ)
お礼を言う時の演技。ものすごく素が入っていましたね。それもまた演技なんだろうな~
OPであの演出はこれを意味しているのか~(違)

あやとりを本を見ただけでマスター
記憶できるパンでも食べたのかな?(←マテ)
ネタを用意するのは紳士としては当然ですねw
そんな所に余接登場。
余接さん出番が多いですね!
くらやみの一件が終わった後の余接だったかな?
今となってはすっかりマスコットキャラになっている気がしますw
イエーイ。ピースピース。
貝木を怒らせてみたいのかなw
んで、余接の用というのがこの件から手を引けという伝書鳩。
お金もあるよ~ 現金300万円だよ~
貝木はお兄ちゃんって呼ばれるのが嫌みたいですが過去に何かあったんかねw
とりあえず貝木は適当に手を引くと余接に言って300万を受け取った。
ああ、余接ちゃん300万持っていたんですね。
だが貝木は詐欺師だ。
その300万を受け取っても仕事は続行する。
こんなこと臥煙だって知っているんじゃないだろうかね?
しかも300万って半端な額の気がします。
もしかして、あえて忠告をしながらの支援金?
って考えすぎだよね。そう思っちゃったよw

そのまま神社に向かい一万円を捨てる。
「NADEKOだよ~」
ちくしょ~
一万円が撫子とのデート代なのかwww(←マテ)
というか、ここの神様ホイホイ出すぎです。
まだ人が来ていないんでしょうかね?
或いはもう来ないんじゃないかと思えるぐらい。

貝木、誰かに尾行される。
誰でしょうかね? 尾行されていることは確かなのか? あるいは本当に勘違い……って事はなさそうですが
“誰か”ってというのが表現されていないからここらへん不気味でしたね。
尾行を巻くためにタクシーに乗り、しかしホテルには戻らずにそのまま撫子の家へ戻る。
一見意味のない行動でしょうけど、尾行を撒くにはいい手段ですよね。
しかし、貝木は撫子の家に用があるようです。
それは、開けちゃダメと言われていた例のクローゼットの中身。
それは私も気になります!
うまく両親を騙して侵入。鍵掛かってないんですかねw
そして見たものとは?

さて、ここでまた予想をしておきましょう。
間違っても面白いから別にいいでしょ?
まず……
誰が貝木を尾行していたのか?
単純かつ消去法で考えると余接か主人公の暦なんですよね。
だけど、ファイアーシスターズって可能性もある。
もし、撫子のアホが演技だとしたら……彼女だという可能性も否定できない。
そういえば名前だけでていてまだ出てこない神原は?
ガハラさん心配性なのかな?
いや、もしかしてくらやみかw
ってきりがないので余接か暦じゃないかと思う。

そしてクローゼットで見たものとは何か?
これは難しいですよね。
蛇の死体とか? 御札とか? 
あの空間的に蛇の死体が真っ先に浮かんだんだけど……
さて、どうなのかな? 楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

>死んだことにして、さらにこの町には二度とこない事が前提じゃないんじゃないでしょうかね?

自分たちが住んでる街に二度と来ないって物理的に不可能ですけどね。
要するに貝木は、撫子が神社から出てこないと判断してるんですね。
だから暦の神社通いを止めれば問題ないと。

>お礼を言う時の演技

あれは演技ではなくガチです。 
戦場ヶ原は2カ月もの間、自分と最愛の恋人に死の運命が迫っているという恐怖とプレッシャーに耐え続けていたんです。
しかも、暦は毎日のように撫子を止めようとしては瀕死になって帰ってきた。
頼みの綱の忍野は見つからない。
並の女子高生なら、とっくに壊れてましたよ。
そんな状況から救ってくれる相手なら、たとえ憎い詐欺師でもガチでお礼を言いますよ。
貝木も思ったように、自分の命だけなら意地を張り通したでしょうが、暦の命もかかってましたからね。

>貝木を怒らせてみたいのかなw

実際に怒りの視線を向けられたらビビってましたけどねw

>単純かつ消去法で考えると主人公の暦なんですよね。

暦が尾行なんて回りくどい真似をしますかね? 
暦なら貝木を見かけたら「なんでお前がここに!」って即座に声をかけますよ。
ファイアーシスターズも同じだし、神原に至っては貝木の顔を知りませんw

Re: No title

名無し さん。コメントありがとうございます。

> >死んだことにして、さらにこの町には二度とこない事が前提じゃないんじゃないでしょうかね?
>
> 自分たちが住んでる街に二度と来ないって物理的に不可能ですけどね。
> 要するに貝木は、撫子が神社から出てこないと判断してるんですね。
> だから暦の神社通いを止めれば問題ないと。

なるほど。
神社に行かなければいい話でしたね。
撫子はあの神社から出られない……なんか今度はその撫子を元に戻す話ができそうですがもう手遅れ。しょうがないことですよね。

> >お礼を言う時の演技
>
> あれは演技ではなくガチです。 
> 戦場ヶ原は2カ月もの間、自分と最愛の恋人に死の運命が迫っているという恐怖とプレッシャーに耐え続けていたんです。
> しかも、暦は毎日のように撫子を止めようとしては瀕死になって帰ってきた。
> 頼みの綱の忍野は見つからない。
> 並の女子高生なら、とっくに壊れてましたよ。
> そんな状況から救ってくれる相手なら、たとえ憎い詐欺師でもガチでお礼を言いますよ。
> 貝木も思ったように、自分の命だけなら意地を張り通したでしょうが、暦の命もかかってましたからね。

まぁ、深く考えてしまうのがこの物語の特徴ですからね。
ここはガハラさんが素直になったって事でいいですね。
素も出ていましたし。
恋人の命が助かった女子は誰だって泣くものですよね(たぶん)

> >貝木を怒らせてみたいのかなw
>
> 実際に怒りの視線を向けられたらビビってましたけどねw

あれは楽しかったです。
もっとやってほしかったシーンでもありましたw

> >単純かつ消去法で考えると主人公の暦なんですよね。
>
> 暦が尾行なんて回りくどい真似をしますかね? 
> 暦なら貝木を見かけたら「なんでお前がここに!」って即座に声をかけますよ。
> ファイアーシスターズも同じだし、神原に至っては貝木の顔を知りませんw

ああ、ここすみません。
トラバ送信後に余接が入っていないことに気が付いて修正しました。
んで、暦の方ですが確かに貝木を見たら冷製に尾行とかできなさそうですよね。
むしろ、尾行しているシーンが映ってもいいレベルw
神原は貝木知らないのですが……初めて知りましたw
色々とありがとうです~

No title

>もしかして、あえて忠告をしながらの支援金?

貝木氏が受け取った臥煙先輩からのお金
アレ、多分、行動支援金だと思って間違いないですよ。
原作の内容がうろ覚えなので正確ではないんですが、臥煙先輩は自称『なんでも知ってる』ので、今回、貝木氏が動いていることはちゃんと把握しています。でも、今回は依頼主が依頼主なので行動資金が足りなくなっているのも簡単に推測できちゃっている筈。だから、彼にお仕事を投げ出さないように資金援助をしてやらないといけないのですが、まともにお金を渡したのでは受け取ってくれないのは明らかなので、ワザと手を引けと言ってお金はその手数料だと言ってみた訳。
このいい方なら、ちゃんとお金が彼の手元に渡って、しかもちゃんと臥煙先輩の望み通りに貝木氏が直江津でのお仕事をしてくれると…

そう書いてくると、貝木氏も相当に面倒くさい性格をしていますね。ある意味、ガハラさんと似たりよったりなのかもです。

No title

>あの空間的に蛇の死体が真っ先に浮かんだんだけど……

撫子が以前蛇を殺したのは呪いを解除するためで、別に蛇殺しの趣味があるわけじゃないですよ。
そもそも蛇の死体を2カ月も放置したら、かなり酷いことになりますよ。 生ものですから……

>神原は貝木知らないのですが

正確には、そういう名前の詐欺師がいることは暦や戦場ヶ原から聞いています。
でも、暦たちは貝木の写真を持ってるわけじゃないので……

Re: No title

きつねのるーと さん。コメントありがとうございます。

> >もしかして、あえて忠告をしながらの支援金?
>
> 貝木氏が受け取った臥煙先輩からのお金
> アレ、多分、行動支援金だと思って間違いないですよ。
> 原作の内容がうろ覚えなので正確ではないんですが、臥煙先輩は自称『なんでも知ってる』ので、今回、貝木氏が動いていることはちゃんと把握しています。でも、今回は依頼主が依頼主なので行動資金が足りなくなっているのも簡単に推測できちゃっている筈。だから、彼にお仕事を投げ出さないように資金援助をしてやらないといけないのですが、まともにお金を渡したのでは受け取ってくれないのは明らかなので、ワザと手を引けと言ってお金はその手数料だと言ってみた訳。
> このいい方なら、ちゃんとお金が彼の手元に渡って、しかもちゃんと臥煙先輩の望み通りに貝木氏が直江津でのお仕事をしてくれると…
>
> そう書いてくると、貝木氏も相当に面倒くさい性格をしていますね。ある意味、ガハラさんと似たりよったりなのかもです。

やっぱりそうでしたか~
まあ、深く考えるとそうなりますよね。
というか、貝木のほうは臥煙先輩に動かされているって自覚があるのかなw
しかし面倒臭いですよね。
詐欺師っていうのも、何でも知っている臥煙先輩というのもw
彼らはそうやって今までつるんできたのかな。
まあ、どちらにしても、貝木が仕事をこなせるかが楽しみですね。

Re: No title

通りすがり さん。コメントありがとうございます。

> >あの空間的に蛇の死体が真っ先に浮かんだんだけど……
>
> 撫子が以前蛇を殺したのは呪いを解除するためで、別に蛇殺しの趣味があるわけじゃないですよ。
> そもそも蛇の死体を2カ月も放置したら、かなり酷いことになりますよ。 生ものですから……

確かにあの可愛い部屋が生臭かったら貝木が入った時点で気が付いていますよね。
ただ、撫子の性格ならやりそうだったのでw

> >神原は貝木知らないのですが
>
> 正確には、そういう名前の詐欺師がいることは暦や戦場ヶ原から聞いています。
> でも、暦たちは貝木の写真を持ってるわけじゃないので……

なるほど、そういうことですか。
しかし神原は名前だけでて今回は出ないのかな~
ちょっと気になりますw
今後の展開が楽しみです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

物語シリーズセカンドシーズン 第23話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

第23話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」 オープニングぅぅぅwww 一昔前のアニメ風OP。まさかガハラさんと貝木のデュエットとは予想外でしたw 貝木の残念な歌唱力が笑えます(三木さんホントはお上手なのにw)

『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#23「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

「この娘は馬鹿で、しかも狂っている。頭が悪く、頭がおかしい」 ようやく「ひたぎエンド」のOPが流れたけれど、 ひたぎと貝木のデュエット曲!昭和風!(苦笑) 「木枯らしセンティメント」とかいいつつ、 日差しの強そうな中、貝木がオープンカー乗ったりして季節感は夏っぽかったんだけどな? 撫子に会い、すぐさまひたぎに連絡をとる貝木だったが、 相変わらずひどいなもの言いだったけれど...

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第23話「第恋話 ひたぎエンド其ノ參」

なんだ、そのOPは。 衝撃的過ぎる。いつの時代のセンスだよ。

物語シリーズ セカンドシーズン TokyoMX12/07)#23

第恋話 ひたぎエンド 其の參 公式サイトから北白蛇神社で、千石撫子と対面した貝木。蛇神と化すことで明るい性格になった撫子は貝木に、もうすぐ暦お兄ちゃんを殺すつもりだと無邪気に語りはじめ――。 カリフォルニアの青い空のような映像と 貝木とひたぎのデュエット曲がOP。 ひたぎを呼び出した貝木。案外と後先を考えないタイプのひたぎだった。ミスドで話す二人。撫子に会えたコトを驚く。撫子は誰も信用してい...

「物語」シリーズ セカンドシーズン #23

貝木がひたぎに報告をして、臥煙からの伝言を斧乃木余接から聞くお話でした。撫子と会った貝木は、ひたぎに状況を報告するために呼び出しました。要約すると、この仕事はち

物語シリーズ セカンドシーズン 第23話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

化物語音楽全集 Songs&Soundtracks(2011/12/21)TVサントラ、supercell 他商品詳細を見る  不意打ち的なタイミングということもあり、スペシャル・ヴァージョンなOPに度胆を抜かれてしまいました。シャフトの遊びが効いていますね。昭和終盤のアニメを意識した演出でしょうか。当時っぽさを醸しだすためか、歌詞フォントも大きくされています。綺麗な貝木が、ひたぎとデュエ...

物語シリーズ セカンドシーズン 第23話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

蛇神と化した撫子と対面した貝木は、撫子を騙すことは簡単だと報告する。 暦とひたぎ以外なら誰でも簡単に騙せると…。 貝木がちゃんと主人公して、OPではデュエットまでしてます(笑) 昭和風のOP映像の再現度が(^^;

物語シリーズ セカンドシーズン 第23話 簡略感想

「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」

物語シリーズセカンドシーズン #23 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ参」

うるるんガハラさんが可愛い、「物語シリーズセカンドシーズン」の第23話。 恋物語版オープニング。 80年代風アニメとのミックス。www しかもガハラさんの相手は貝木。若大将風。www 直接会って報告するためにひたぎを呼び出す貝木。 警戒をしながらも呼び出しに応じたひたぎは、撫子にすぐに会えたこと、 仮にも神を相手にして「騙すのは容易い」との貝木の言葉に驚く。 貝木の...

<物語>シリーズ セカンドシーズン「恋物語」第3話

撫子はバカ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312080001/ 【送料無料】恋物語 第一巻/ひたぎエンド(上)【完全生産限定版】【Blu-ray】 [ 神谷浩史 ]価格:6,300円(税込、送料込)

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第23話

OPひでぇ‥‥(笑) 泣きはらした後の戦場ヶ原さんは印象的でしたね。 300万円は、臥煙さんからの資金提供と見るべきでしょうか。 なんでも知ってる臥煙さんは、貝木の行動も見抜いてるでしょうし。 臥煙さんにとってもイレギュラーな介入をした忍野扇。 この辺りの事が一番興味深いけど、これは今期のアニメでは明かされないのだろうなぁ‥。 さてさて貝木は、千石撫子のクロゼットで何を見たのか‥‥。 ...

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第23話 『恋物語 ひたぎエンド 其ノ參』 ミスドはファミレスに入るのか。

80年代風OP。これ見ると貝木と戦場ヶ原のラブコメみたい。 何か「きまぐれオレンジ☆ロード」思い出しました。  貝木曰く「千石撫子を騙すのはた易い」という言葉にビックリの戦場ヶ原。撫子は所謂おばかさん。勉強が出来ないという意味じゃなくて、世間知らず的な馬鹿だからというのが理由。蝶よ花よと育てられ、学校でもちやほやされ続けて来た彼女は人の「悪意」に疎い。人から何か言われると...

物語シリーズセカンドシーズン~第23話「恋...

 西尾維新による「化物語」シリーズ、セカンドシーズンの23話目。 「恋物語」は戦場ヶ原ひたぎに頼まれた貝木が暦を救う物語 貝木は夜、戦場ヶ原に電話をして呼び出した。「戦場...

〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第23話 恋物語 ひたぎエンド 其ノ參

なんだあのOPww 80年代のアニメみたいだw セル画の汚くて淡い感じがよくでてましたw そして貝木の歌声キモすぎるw

【アニメ】〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第23話 「恋物語 ひたぎエンド其ノ參」 新OPキター!!! なにこの80年代w

1415 名無しになるもんっ♪ sage New! 2013/12/08(日) 00:00:30 ID:??? お誘いキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

『<物語>シリーズ 第2シーズン』 第23話 観ました

驚いたですよ。 いきなりアレでしたからね〜。 番組を間違えたかと思うほどの違和感バリバリなOP。 そう、いきなり時代が80年代末期から90年代初頭に戻ったかのような恋愛コメディーアニメっぽい時代遅れ感のあるお洒落なイメージでまとめた主題歌と映像で始まりその...

物語シリーズ セカンドシーズン 第23話 感想

 物語シリーズ セカンドシーズン  第23話 ひたぎエンド 其ノ參 感想      次のページへ

物語シリーズセカンドシーズン 第23話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ參」感想

今回も貝木がひたぎのために、撫子を説得しようと頑張ります!1話ずーっと貝木視点で、もはや貝木物語。しかもOPまで…!これは予想外でした。見るたび笑い死しそうな予感。