凪のあすから 第10話 「ぬくみ雪ふるふる」 感想

海神様の力が弱いのでぬくみ雪が地上にも降り、この世は氷河期を向かえる…
って事で良いのかな?
凪のあすから 第2巻 (イベント応募台紙付き 初回限定版) [Blu-ray]凪のあすから 第2巻 (イベント応募台紙付き 初回限定版) [Blu-ray]
(2014/01/29)
不明

商品詳細を見る
氷河期から逃れるには?
エナを持つ海の人は、冬眠…もとい永い眠りにつけば避けられるらしい。
それってある意味永眠なんでしょうかね~
でも、地上の人間のことはシラン。
地上の人間に教えなくても地上は地上で何か対策をしそうですけどね。
そもそもこのぬくみ雪っていう現象が、本当に海神様の力が関係しているかも怪しいところです。
光「おふねひきで何とかしよう!」
しかし、うろこ様は無駄なことだと突き放す。
もう氷河期はさけられないのか…

地上の人に教えないと!
いや、それを言った所で子供の戯れ言としか聞いてくれないんじゃないのかねw
そもそもそれを大人共が信じた所で何もできないし…いや、おふねひきがあるのか…
地上と拘わりを持つものにとってはつらい。
だったら最初から地上なんかに出さなければ良かったのにね。
地上に出すから、娘が地上の人に取られるんだよ。
まあ、海の人にどれだけ若い男女がいるんだか分からないんだけどねw
光の場合は地上に出て、今まで敵視していたものを冷静に観察することができるほど大人になっていますけどね。
地上に出すことは少なくともプラスにはなっているはずです。

地上進出の許可が出ました。
理由は義務教育だからw
あぁん、義務教育なら仕方ないねw

光「世界が終わるぞ~ 寒くなるぞ~」
美海「ふぇえ…」
光「世界が終わるぞ~ 寒くなるぞ~」
クラスメイト「ノストラダムスごっこ?」

などと、このような感じで、不幸の予言は子供を悲しませ、常任には冷たい目で見られますw
まあ、地上の人間にとってはそれが当たり前ですよね。
話は脱線しますが、皆様はノストラダムスの大予言の時、なんか対策しましたか?
私は、ちょうど新しく入った仕事を覚えるのに必死で、気が付いたら夏でしたw
まあ、そんな感じで地上の人には理解して貰えませんでした。
一部を除いては…
紡の祖父は知っているようですね。
みんな運命という言葉をつかってあきらめるのか?

食べ放題パーティーだ!
おう、冬眠前の動物みたいなことするのやめろw
眠りについて一緒に起きられるか心配なまなか。
いや、もしかしたら永眠する可能性も…(←コラ)
ああ、冬眠中のまなかの身柄は私が責任をもって管理したいですね~(←マテ)
起きた時にはボコボコと子供を作れって………
俺のからだ持つかな(←マテ)
というか、さりげなくエロい。いや、ただのセクハラか?
ボコボコ生むために俺も協力するという色目のような気もw

うみうしの色。
さて、まなかは何を言ったのかな?
そして、ちさきの家に来てダイレクトに告白をする要。
もう傍観者でいるのは嫌って…あんたは少なくとも傍観者じゃない。
そう思った視聴者は多いのではないでしょうかね~w
スポンサーサイト

テーマ : 凪のあすから - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから「第10話 ぬくみ雪ふるふる」/ブログのエントリ

凪のあすから「第10話 ぬくみ雪ふるふる」に関するブログのエントリページです。

凪のあすから 第10話 ぬくみ雪ふるふる

まなかへの募る想いが爆発し、思わず抱きしめるも拒まれ、玉砕した光。 そんな光の前に現れ、もういいだろうと、家に戻るように言う灯。 地上で何が起こるのかという疑問を持つ光 ...

凪のあすから TokyoMX(12/05)#10

第10話 ぬくみ雪 ふるふる 公式サイトからうろこ様から、海神様の力がかつてとは比べようもない程弱く小さいこと、海にも地上にもぬくみ雪が降り積もり、世界はどんどん灰色に冷たく凍えていくこと、エナを持つ者が凍える世界から逃れるには、眠ること以外に術はないことが告げられる。 いきなりの事に半信半疑の光は、地上のことを心配するが、灯に「あいつらにはエナはない。何も言う必要はない」と突き放される。 ...

凪のあすから 第10話「ぬくみ雪ふるふる」

凪のあすからの第10話を見ました。 第10話 ぬくみ雪ふるふる うろこ様から海神様の力がかつてとは比べようもない程弱く小さいこと、海にも地上にもぬくみ雪が降り積もり、世界はどんどん灰色に冷たく凍えていくこと、エナを持つ者が凍える世界から逃れるには眠ること以外に術はないことが告げられる。 「親父もうろこ様もマジで言ってんのか!?頭、大丈夫かよ?眠るってそんな冬眠みたいな真...

凪のあすから 第10話

第10話 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

凪のあすから 第十話 「ぬくみ雪ふるふる」

凪のあすから 第十話 「ぬくみ雪ふるふる」です。 はい、『凪のあすから』も第十週

凪のあすから 第10話「ぬくみ雪ふるふる」

第10話「ぬくみ雪ふるふる」 思わずまなかを抱きしめてしまった光。 それがどういう事かまなかには理解できなかったんでしょうね。拒絶された光の声も手もまなかには届きません。 海にも地上にもぬくみ雪が降り始める。 ぬくみ雪は海神様の力が弱った証拠。