FC2ブログ

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」感想

テロリスト VS 学生たち。
普通に考えればテロリストのほうが有利なんですがね~
テロリストたちも相手を理解できなかったのでしょうかね?
無謀にも程がある(^_^;)

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付き) [Blu-ray]
(2014/08/27)
不明

商品詳細を見る
生徒じゃなきゃ容赦なくていい。
テロリストの中に生徒が居ますからね。
生徒に関しては優しくするようですw
でも、逆に言わせれば、テロリスト相手には生死は問わないって言っているような気もしますw
しかし、あれだけ派手にやっているんだから達也達もテロリストの一人や二人殺していてもおかしくないですよね。
厳しい世界ですね( ゚Д゚)ポカーン
生きていくにはしょうがないけどw

おっぱい先生の助言。
図書館戦争……もとい図書館が目的だと教えてくれます。
何故知っているw あんたもテロリストか! って思っちゃいましたよw
カウンセラーとしてまた話したいですね。
今度は水着回でお会いしましょうおっぱい先生~|ω・`)ノ

レオの攻撃。
ここは俺に任せろ! 
死亡フラグすらぶち壊す彼の破壊的な近接格闘術は興味深いですね。
図書館につき、サーチを開始する達也。
隠れている敵が馬鹿らしくなる機能ですね。
でも、エリカの攻撃を見たテロリストたちは隠れていたわけではないようですねw
というか、エリカも強すぎw

テロリストの目的
魔法大学の機密文書を引き出すことでしたね。
そんなことしてどうするんだろうwって感じで見てました。
壬生は利用されている感じですよね。
差別活動を訴えれば、振り込め詐欺とかに引っかがりそうなタイプですねw

深雪の兄に対する愛は本物です。
たとえ全人類が敵でも兄の味方。
こんな妹欲しいですね(´;ω;`)
ヤンデレ路線まっしぐらですがw

一番蔑んでいたのは壬生本人。
いじめを受ける人がすべて被害者じゃないっていいたいんですね。
というか、壬生の場合は被害妄想が激しかったという意味でいいかな?
キャストジャミングで逃げるテロリストたち。
諦めなさい、あなた達は悲しいほどにモブなんだからw

壬生 VS エリカ
剣術での対決。
千葉の名を持つだけあって強い!
というか、達也の回りにいる人普通の人が居ないw
という訳で制圧。
壬生が差別を感じていた新事実がとんでもない勘違いだったという設定も理解出来ましたw
日本語って難しいね。ホントマジで……
でも、たまに主語を略しちゃうと勘違いを生みやすいですからね。日本人として気をつけたいところですw
私の腕ではお前には務まらない。
あーあれだ。役不足と力不足の勘違いに似ている(適当)
1年近くそんなことで悩んでいた壬生は悲しくなる。
俺の胸で泣いていいのよ?
この場にいるイケメンは……あ、達也さん胸貸してください(>Д<)
達也も察して抱き寄せてやります。
深雪はそんな二人を凍りづけにします(←マテ)

ブランシュの本部を見つけたので、ケリを付けます。
達也一人で行くのか?
ここは皆が乗ってくるところですね。
俺も行く!
どうぞどうぞって言うギャグはなかった(←コラ)
さて、一行は車に乗り込んでテロリスト撲滅に乗り込みます。
次は激しい戦闘がもっと見られるのか?
次は沢山の人が死ぬのか?
色々と面白くなってきた?
というか、ここに来て一つ疑問がある。
入学編っていつまでやるんですかねw
もうテロリスト編って解明してもいい気がするんですけどw
次回も楽しみですね。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生「第6話 入学編VI」/ブログのエントリ

魔法科高校の劣等生「第6話 入学編VI」に関するブログのエントリページです。

魔法科高校の劣等生 Episode06 「入学編VI」

魔法科高校の劣等生 Episode06 「入学編VI」です。 やはりうちのブログ

『魔法科高校の劣等生』#6「入学編VI」

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは、すべて駆除します」 公開討論会がうまくいったと思ったら、テロリストが急襲!! 達也は攻撃された棟に向かおうとするが、 小野というカウンセラーがそっちは囮で、敵の本命は図書館だという。 そこまで分かっててなぜ…と思わないでもないんだが~

魔法科高校の劣等生 #06

『入学編 VI』

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(5/10)#06

第6話 入学編IV 公式サイトから生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為...

魔法科高校の劣等生 第6話 入学編VI 我を讃えよ感想

目先が曇れば剣先鈍る。

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは全て駆除します  これは俺にとって最優先事項です」 ブランシュの狙いは機密文献である魔法研究の最先端資料! 今回の一件を見過ごせず叩き潰す為に拠点へ乗り込むつもりの達也   【第6話 あらすじ】 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」

魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」キャプ付感想

テロリストを鎮圧する達也さん強すぎw 深雪との生活圏に入った邪魔者に達也さんの怒りが炸裂(^^; あくまで妹だけが大事な兄です(笑) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。 敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献に...

(^ω^)可哀想なニブチン ~魔法科高校の劣等生 第6話「入学編VI」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪...

魔法科高校の劣等生 #6

校内のテロリストを排除した達也たちは、ブランシュ本部を叩くことを決めるのでした。 校内に乱入したテロリストは、次々と達也や生徒会の手によって排除されていきました。テロリストの狙いは、魔法の非公開資料を手に入れることでした。そんなテロリストたちの目的に、壬生先輩は違和感を持ちます。なぜ魔法による差別をなくそうという団体が、魔法の非公開資料を必要とするのか。・・・壬生先輩は彼らに利用されて...

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編Ⅵ」

第6話「入学編Ⅵ」 深雪のお兄様教が全裸謎空間を作り出すまでに昇華したw (やっぱこれはノルマなんだなと確信w) まぁそこはいいとして司波兄妹の介入と二科生ってマジですか?なレオとエリカの活躍もあってテロリストはあっさり拘束されたなぁという印象。 壬生先輩のフォローに終始した感じですかね。

魔法科高校の劣等生 第06話 感想

 魔法科高校の劣等生  第06話 『入学編Ⅵ』 感想  劣等生「警察なんて当てにならない!」  ブラックブレット「まったくだよ」  攻殻機動隊「本当にな」  警察「おいw」  次のページへ

魔法科高校の劣等生 第6話「入学編 6」

エリカvs紗耶香の殺陣のシーン、OP画のカットから少しは期待してたんですけどね・・・決めッ!ってところを直接描写でなく背景画で誤魔化すしBGMはダサダサだったりで演出がイマイチ。ここは入学編でのアニメスタッフの腕の見せ所の1つだったと思うんだけどなぁ・・・。 紗耶香の懺悔を桐原が盗み聞きしていたのと、十文字と桐原の問答のシーンはアニメオリジナル。桐原が中学時代に紗耶香へどういう印象を持ってい...