ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」感想

青空教室ですっかりさまになってきた蓮太郎。
女の子しかいないからどうしても羨ましいと感じてしまうのは男の性なのか…

ブラック・ブレット 2 (初回限定版BD) [Blu-ray]ブラック・ブレット 2 (初回限定版BD) [Blu-ray]
(2014/08/06)
不明

商品詳細を見る
将来の夢…
なんだろう。この時点で嫌な予感がしていたんですよね。
将来なにになりたいなんて良い課題じゃないか~ って思いますけど、この世界観からしてその課題は笑えないほど死亡フラグの匂いがしたんですよね。
延珠やティナも書きましたけどね…
蓮太郎とチュッチュすることが夢のようです。まるで夢のような幼女ハーレムがいよいよ完成する…
いや、ぶっちゃけ延珠とティナだけでも十分なんですけどねw
社会科見学。
ガストレア戦争の記念碑。
どっかの国にあるでっかい像を思い出しますね。
モノリス崩壊を心配する子供たち。
大みんな守ると約束する蓮太郎。
……結果を見た後だけにこのシーンもフラグだったのかと思ってしまう自分が悲しい。
五人が蓮太郎と結婚すると望む。いや、それ五人どころじゃない。全員で押し掛かってますけどw

崩壊寸前のモノリスを見に行く蓮太郎と木更。
なぜ32号だけが壊されるのか?
というか、その時に触ったりしてましたけどそんなことして大丈夫なの?
それが原因で突然崩壊するとかないよね?
そして寝そべる二人。
手を握りたい蓮太郎…
男見せろ! って言ったところでだめだったw
と思いきや手を握るチャンス!
蓮太郎は幼女好きじゃなかったのか(←マテ)
というか、こういうシーンを見ていると「アレガデネブアルタイルベガ♪」って嫌でも脳内で再生されてしまうw

盲目の少女がいじめられている!
というか、まだそこにいたんですね。三千円返してください(←コラ)
彼女は一体何がしたいのでしょうかね?
とりあえずいじめていた市民を追っ払います。
いっそそこで倒しちゃえば良いのに…って考えはさすがに邪道か…
触っただけで覚えてくれた少女。
蓮太郎は幼女にもてますね~

32号モノリスについて。
木更が蓮太郎の代わりを勤めたので、生徒から大ブーイングを受けましたw
それはともかく……
32号モノリスに拘わっていたのは姉歯建設!
じゃなくて天童光一
木更さん今にも殺しそうな殺気だ(;´Д`)

そしてついにその時がきてしまった…
戦いの前に青空教室に行くと…
最初見た時は呪われた子供に反対する団体が占領しているように見えました、
まあ、そうじゃなくて爆弾でやられたようです。
死体は既に回収されていて確認しに行く蓮太郎。
お爺ちゃんは無事だったんですね。一緒にはいなかったんかな…それにしてもひどいですね。
誰がやったのか?
蓮太郎が守っている人達がやったという解釈で良いかな…
やるせないですよね。
延珠の泣き声が痛々しかったですね。
蓮太郎があの子供たちに会わなければ死なずに済んだのか? そんな事を考えちゃいそうです。
しかし、それでも蓮太郎は戦わなくては行けない。
というわけで予定よりも早くにモノリス崩壊。
まさか…木更さんと蓮太郎が触っちゃったからなんて事が原因じゃないよねw
そしてあの盲目の歌う少女はどんな活躍をするのか?
楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : ブラック・ブレット - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」

 青空教室のみんなは、全滅。  爆殺って…。  バラニウムを入手出来るってことは、それなりに組織だった犯行なのでしょうか…。  長老は生き残っていたけれど、まる

ブラック・ブレット TokyoMX(6/10)#10

第10話 東京エリア防衛線 公式サイトからアルデバラン率いるガストレアとの決戦を前に、外周区の青空教室で授業に臨む延珠たち。蓮太郎は、将来に想いを馳せながらも、迫る不安に沈んだ表情を見せる少女たちとともに、かつて人類が勝利を手にした地へと足を運ぶ。モノリス崩壊まで、あと三日。気の置けない商売敵と頼りになる兄弟子、自分に絶対の信頼を寄せる社長、それぞれのペアを迎え、自分のアジュバントを形にした...

ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」 感想

アルデバラン率いるガストレアとの決戦を前に、外周区の青空教室で授業に臨む延珠たち。蓮太郎は、将来に想いを馳せながらも、迫る不安に沈んだ表情を見せる少女たちとともに、かつて人類が勝利を手にした地へと足を運ぶ。モノリス崩壊まで、あと三日。気の置けない商売敵と頼りになる兄弟子、自分に絶対の信頼を寄せる社長、それぞれのペアを迎え、自分のアジュバントを形にした蓮太郎。そして木更は、アルデバランに狙われ...

ブラック・ブレット ~ 第10話 東京エリア防衛戦

ブラック・ブレット 第1話  ~ 第10話 東京エリア防衛戦 近未来、寄生生物「ガストレア」に敗北した人類は、ガストレアを退ける金属「バラニウム」で作られた壁、「モノリス」を建築し、その中でガストレアから身を守って生活をしていた。 希に外から侵入するガストレアの排除を業務とする「民間警備会社」(民警)の一つ、幼馴染である天童木更が経営する「天童民間警備会社」で働く16歳の少年...

ブラック・ブレット #10

『東京エリア防衛戦』

ブラック・ブレット 第10話 「東京エリア防衛線」 感想

誰のために、何のために戦うのか―

ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」

「木更さん、俺たちは誰を護ってるんだ  俺は 延珠は、誰の為に戦えば良い 何の為に…!」 戦いを前にいつも通り青空教室で先生をする連太郎だけど… そして、疑惑を持った32号モノリスの調査結果を見た木更の表情が変わる    【第10話 あらすじ】 アルデバラン率いるガストレアとの決戦を前に、外周区の青空教室で授業に臨む延珠たち。蓮太郎は、将来に想いを馳せながらも、迫る不安に沈ん...

ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」 キャプ付感想

辛すぎる展開ですね…。 守りたい者を失いながらも戦わないといけない蓮太郎や延珠ちゃん。 戦いの向こうに希望はあるのか…。   モノリス崩壊の迫る中、蓮太郎は青空教室の教師をする。 守ってやると約束した少女たち…。 しかし容赦ない運命が彼女たちを襲う…。  

ブラック・ブレット 第10話「東京エリア防衛戦」

ブラック・ブレット (3) 炎による世界の破滅 (電撃文庫)(2012/05/10)神崎紫電商品詳細を見る  何となく、デビルマンの終盤展開を思いだす。里見蓮太郎が青空学級を続けていました。幼女たちを街に連れだして、モテモテな状態であります。思いっきり死亡フラグでしたね。まさかの爆弾テロ。幼女たちが全員死去しました。東京エリアは絶望状態にあり、こういう行為をする人間も現れるようで。爆発の規...

ブラック・ブレット 第10話 感想

 ブラック・ブレット  第10話 『東京エリア防衛戦』 感想  次のページへ