魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編 VI」 感想

スピードシューティング
雫の活躍が危なっかしく表現されていましたけど、達也のメンテがあれば大丈夫だよねw
それにしてもパーフェクトが良く出る学校ですね~

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray]
(2014/09/24)
中村悠一、早見沙織 他

商品詳細を見る
第一高校は上位3位を独占。
一校につき3名出る仕組みなんかな?
特に雫は達也が調整しなくても優秀のようですね。
こうしてみると、今のところ妨害は無さそうですね。
達也が注目しているのは妨害への警戒だと思いますけど…
それにしてもエンジニアを褒め過ぎw
達也の言う通り選手を祝福すべきだよねw
そんで、雫の魔法に関して、達也の名前を使うなと…
雫の魔法だから達也じゃ無くて雫でもいいんじゃね? まあ、達也の名前だと発動できないのが意味が良く分からないけどw
恥ずかしいんかな?

察し始めた第三高校。
選手が強いんじゃ無くてエンジニアが有能なんじゃないのか?
なんて言ってますけど自分たちの選手やエンジニアのことは過信しているんかね~
CADの事も疑っていましたね。
まあ、そう考えるとやっぱりエンジニアを疑うのが妥当なんかな…
リアルなスポーツ試合だったらそんなの言い訳って言われそうですけどねw

ほのかたんのバトルボード!
そんなことよりほのかたんのおっぱいが私気になります!
達也たちがしたゴーグルは魔法陣が見える機械かなんかかな?
スタート直前にほのかは魔法を発動!
相手選手に衝撃と強い光を与えて優位に立ちます。
まぁ、あれも直接選手を攻撃していないからいいんだよね(適当)
その後はほのかの一人独走。
ごめん……揺れるオッパイしか見ていなかった。
ゴーグルをしたのはもしかして眩しさを和らげるサングラスかw
ということは、他の観客にも被害が出たんかなw
ちょっと良くわかんない。まあいいか……オッパイしか見ていなかったから(←マテ)

勝てたことに感動するほのかたん。
そのまま抱きついちゃいそうですね。
残念ながら深雪の監視がありますからね~
ここに深雪がいなかったら間違いなく抱きついていたんじゃないか?

続いてアイスクライマー……もといアイス・ピラーズ・ブレイクに出る雫。
コスプレ大会ですね。というか、相手選手も負けていませんw
着物姿可愛いね! でも俺は巫女服が好きなんだよ?
ほのかの巫女服とかないかな…
なんて思っていたら深雪が巫女服でしw
地味に似合っていましたね~ 自前の巫女服でしょうかね? 
深雪は氷の魔法が得意でしたよね。
つまり?
と思ったら炎の魔法も使えるのか!?
相手の氷をそれで溶かすんですね? 
って思ったらまた凍らせて温度の差で消滅させる。
炎と氷を使えるって弱点がないじゃないか!
トラちゃん「(´・ω・`)お兄さまとかが弱点かな~(適当)」

パーティーでハーレム状態の達也。
女の子が達也ばかりによっているから他の男子どもは面白く無いですよねw
次の試合では勝とうな!
………負けそうw

そしてついに達也の前に現れた第三高校の一条。
これは達也が何かすらの被害をうけるのか?
第三高校が裏でなにか仕掛けてくるのか?
そして謎のおっさんどもが面白く無い事情は今後どう展開するのか?
そして、マフィアはどうしたw
楽しみですね!
スポンサーサイト

テーマ : 魔法科高校の劣等生 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

>一校につき3名出る仕組みなんかな?

出場枠は前年の九校戦の個別の競技の成績でそれぞれ割り振られる仕様みたいです。


>恥ずかしいんかな?

少し出てたけど本家から目立つ事はあんまりするなってのが出てるので表に公表される系にはあんまり関わらないようにしています。

>なんて言ってますけど自分たちの選手やエンジニアのことは過信しているんかね~

それぞれの学校には特色があって一高は国際評価基準を重要視したカリキュラムで三高は実力主義って感じの校風なんだよね。

>炎と氷を使えるって弱点がないじゃないか!

実は一番得意と言うか固有のは出してないんだよね^^;;次の編で出ますので楽しみに待つといいよ(結構エグイ魔法を使います

Re: No title

m さん。コメントありがとうございます。

> >一校につき3名出る仕組みなんかな?
>
> 出場枠は前年の九校戦の個別の競技の成績でそれぞれ割り振られる仕様みたいです。

前年の成績を反映しているんですね。
1年生組とか大変そうw
しかし格差が大きく出そうですよね。


> >恥ずかしいんかな?
>
> 少し出てたけど本家から目立つ事はあんまりするなってのが出てるので表に公表される系にはあんまり関わらないようにしています。

ああ、そういうことですか……
地味に名前を付けられるのが嫌なんかと思いましたけど、そう言えば名前バレルと目立ちますよね。

> >なんて言ってますけど自分たちの選手やエンジニアのことは過信しているんかね~
>
> それぞれの学校には特色があって一高は国際評価基準を重要視したカリキュラムで三高は実力主義って感じの校風なんだよね。

それじゃしょうがないねw
相手が強いことを疑いますわ。

> >炎と氷を使えるって弱点がないじゃないか!
>
> 実は一番得意と言うか固有のは出してないんだよね^^;;次の編で出ますので楽しみに待つといいよ(結構エグイ魔法を使います

あれの他にまだなんかあるというのかw
深雪……恐ろしい子!
とりあえずそのエグい魔法が楽しみです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」

魔法科高校の劣等生の第13話を見ました。 第13話 九校戦編VI 達也の調整したCADを駆使したことでスピードシューティングでは雫以外の第一高校の選手も三位までを独占する。 「すごいじゃない、達也くん!これは快挙よ!一位、二位、三位を独占するなんて」 「優勝したのも、準優勝したのも、三位に入ったのも全部選手で俺ではありませんが」 雫の魔法に関しては大学から魔法大全へ...

魔法科高校の劣等生「第13話 九校戦編VI」/ブログのエントリ

魔法科高校の劣等生「第13話 九校戦編VI」に関するブログのエントリページです。

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」

「それが全てエンジニアの腕で実現してるのだとしたら  到底高校生のレベルじゃない、一種の化物だ」 達也が調整したCADにより良い成績を出す女子選手 そんな凄腕エンジニアの存在に気付き警戒する一条たち 【第13話 あらすじ】 達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百...

魔法科高校の劣等生 Episode 13 「九校戦編VI」

【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 九校戦編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/10/22)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る お前も悪よのう。 高校生の競技で賭博をするなんて。 北山雫、光井ほのかと司波深雪が大活躍する中 面白くないのは、第一高校の男子たち。 特に森崎俊は、不貞腐れ...

魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編 VI」 感想

コスプレ戦。

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(6/28)#13

Episode 13 九校戦編VI 公式サイトから達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大...

■魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」

 素敵ですわ、お兄様!。  達也ってば、女子にモテモテなのですよ。  そうすると、深雪の顔色が気になって仕方無いけれど、深雪は別のことに意識が向いていて、それど

魔法科高校の劣等生   ~ 第13話 九校戦編VI

魔法科高校の劣等生 第1話 ~ 第13話 九校戦編VI かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム(花冠)」の妹と、...

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」

魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」です。 『魔法科高校の劣等

『魔法科高校の劣等生』#13「九校戦編VI」

「いいなぁ。私も司波君に担当してもらえば優勝できたかも」 女子の新人戦が始まった。 雫が圧勝する姿を見せたと思ったら、 なんと第一高校はスピードシューティングにおいて1位から3位を独占! それもこれも達也のおかげだとみなが認めるところだったが…

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 VI」キャプ付感想

まるでファッションショーだな。  いえ、完全にファッションショーです(笑) 決勝は好きな服で出ていいようなので、巫女服や着物など好き放題w バトルボードは水着でしないのですか?(^^;   達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。 その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への 記...

魔法科高校の劣等生 #13

九校戦が続く中、妨害者の正体が明らかになってきました。 達也が調整したCADを使ったことで、雫たちスピードシューティングに出場した選手たちは好成績をあげることができました。なんと第1高校で1位から3位までを独占してしまったのです。この事態に、第3高校は会議を行って敗因を分析しています。将輝と真紅郎は、その原因に気がついていました。選手の実力では、1校と3校にはそれほど差がありませんでし...

(´・ω・`)負け組代表森崎くんの憂鬱 ~魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたら...

魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編Ⅵ」 感想

群蟻附羶―

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」

第13話「九校戦編Ⅵ」 競技会というよりコスプレ会場と化してきたなw 今回も歪み無く兄貴SUGEEEEE! 達也が構築した雫のCADは大学から登録させて欲しいとオファーが来る代物。 登録者名は雫にして欲しいと申し出る達也。

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 6」

ブラジル大苦戦の余波を喰らって関西圏では次週までお流れになってしまった第13話、待ってられないので衛星放送での視聴にしましたが・・・これはまた想像以上に酷い内容でしたね(苦笑)。脚本から絵コンテから演出から作画から、これまでで一番出来が悪いですね。アニメスタッフは極一部を除いてもう投げてるんじゃないの?と思わせるほど手抜きが過ぎます。 ここは原作でも達也がエンジニアと戦術家の腕を存分にふるう...