キラシナのメルクストーリア定期報告日記その2 今回は前ギルドの思い出話から今のイベント話まで【日記】

どうも。
メルストの定期報告をしようと思って書き始めました。
ギルドですが前まで隠していましたが一部の人にばれているようなので言っておきます。
現在は「癒術士の茶会」というところでお世話になっています。
名前はまだ非公開でオナシャス(笑)
せっかくなので今までの思い出話とか今のギルドに来るまでの経由も含めて今日は書こうと思います。
まずはイベントの話をします。

現在コラボイベント「時空の三女神と時かける癒術士」が開催されています。
メルクストーリア メルスト 漆黒竜ベルナデッタ 時空の三女神と時かける癒術士 
もちろんクリアーしました。
クリアーというのはこのイベントでもらうべき報酬をすべてもらうことですかね~
60回までの異次元編がやばかったですね。
特に55回目から60回目まで。
ウルド
ベルダンディ
スクルド
この三人は過去現在未来で手に入るので強化しておきます。
覚醒もあるのでルーンとか上手く使ってメンバーに入れると結構楽です。
まぁ、混合パーティになりますけどブレイク積むのであまり関係なかったです。
私が装備させたシードは以下のとおり。
闇ブレイクはボスが闇たから。
その敵シードなんですが…漆黒竜ベルナデッタは2体落ちました。
メルクストーリア メルスト 漆黒竜ベルナデッタ 時空の三女神と時かける癒術士 03
プレゼント含めて3体ですね。
闇ソウルなんですが闇パは現在作成中。
大事にとっとこうと思います。
んであとは、一人を除いて全員にスピリッツを装備。
メルクストーリア メルスト 漆黒竜ベルナデッタ 時空の三女神と時かける癒術士 01
ガッツ上げで+ブレイクで一色パーティ対策ですね。
ただ、55回目以降からコレだけだとダメです。
前衛と後衛をバランスよく強化する必要があります。
前衛ばかり強化していても大量に来るから押されて後衛もやられる。
かと言って後衛ばかり強化しても前衛が溶ける。
そこら辺のバランス調整に手間がかかりましたね。
他にも色々なやり方があるようでズカ私はこれで行きました。
とりあえずこのイベントは一旦終わらせて……

次に、歴代イベント開放が現在行われているのでそちらを重点的に頑張ろうと思います。
歴代は「幻惑の森と優しき戦神」より前が未プレイなのでその穴埋めもしたいところです。
さて、ここで少し話しておきたい、というか記憶として残しておきたい話をしておきます。
前ギルドの思い出話です。
正直書く気はなかったんですが記録として残しておきたくて書きます。
さて、まず私がこのメルストを始めた時期ですが……正直いつ始めたのか忘れました(笑)
イベントで言えば先ほど言った「幻惑の森と優しき戦神」をやっていたので2014/5/31~2014/6/16の間ですね。
まだ一年経っていません。ですが、レベルは日々上がりますw 

最初のギルド
さて、最初に居たギルドなんですが平仮名五文字のギルドとだけ言っておきます。
残念ながら今そのギルドは2人(しかもメンバーのログインが20日以上とか)ぐらいでもう過疎化しています。
一時期人数は15人ぐらいでレート1400ぐらいまで行っていたのですが、アクティブの問題はつきものです。
要するに人が集まらなくてはギルドとしては成り立たないのです。
私は当時メンバーでしたが、参加率が高かったせいか途中からサブマスになりました。
勧誘は1人成功したぐらいです(笑)
正直、勧誘って苦手です。
しかし勧誘してもアクティブなギルドにはなりませんでした。
それでも参加率高い人は頑張りました。
レベルが110ぐらいのところで私と同じく決定的なBP貢献とアタッカーのサブマスがギルドを脱退。
私はそのサブマスがやめた理由が何も言わなくてもよくわかりました。
それに続いてメンバーの人が脱退をはじめました。
もう一人のサブマスはログインが既に5日以上経っていました。
私は夜勤でも頑張って祈りましたが、もはやこの数人で祈っても無駄なだけ。
300BPあって全部祈っても40%にしかならないのです(笑)
脳筋でもいいから凸ろうぜって言ってもろくな作戦が立たず4位ばかり。
そしてレベル114の時についに決意しました。
私はこのゲームをこれからも楽しむべきか?
このままこの流れで終わるのか?
答えはノーでした。
誰も悪くないのです。
むしろ、ここのギルドで出会った色々なメンバーとサブマス。そしてリーダーには今でも感謝しています。
私をここまで育ててくれたあのギルドに感謝……
レートがついにAに落ちました。
Aに落ちて4位になると報酬がゴルドのみです。
その日は夜勤でした。
夜勤だけど潜伏だけして後で攻撃できるように設定して少しでも貢献しようと思って放置。
でも4位でした。
ギルドコメントが無言でした。
もはや廃墟にいる気分でした。
ここには本当にメンバーは居るのだろうかと疑ったぐらい。
そしてその日、メンバーの一人がギルバド終わるのと同時にギルバド報酬も貰わずに脱退。
もはや貰う価値もないのか…
私も決意しました。

「どうも、お別れの挨拶に参りました。このギルドには低レベルから所属してきましたが、時代の流れには逆らえないようです。皆様の活躍心よりお祈りしています。あと、勧誘あまり成功できなくてごめんなさい。では、お世話になりました。」

午前3時。夜勤の休憩時間にギルバドの少ない報酬を貰い、そんな言葉を残して脱退ボタンを押しました。
この時の気持ちは今でも忘れません。
そして、朝から勧誘待ちで色々なギルドを見ました。
午後になって2つほど気になるギルドを見つけたので質問を投げました。
このギルド(チャット)は楽しいか? とか色々と(笑)
その時天使のようなサブマスが対応してくれました。
もう一つのギルドも良かったのですが、楽しい方を優先しました。
そう、ゲームは楽しむものです。
苦難も楽しめばいいのです。

とまぁ、長くなっちゃったけど今のギルドにつくまでの流れがこんな感じです。
尚、一応勘違いが無いように追加として言っておきます。
その前のギルドのサブマスやマスターとは今でも楽しくお話させてもらっています。
マスターはギルドを変えてモチベーションがまた上がってきているようです。
最初に辞めていったサブマスもギルドをテンテンとして頑張っています。
私は今のギルドで楽しんでます。
現実は相変わらず苦しくて辛いです。
でもせめてゲームの中では楽しもうと思います。
勝っても負けてもゲームは楽しい。
そんなメルストを今後も楽しんでいこうと思います。
以上。
スポンサーサイト

テーマ : メルスト - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する