僕だけがいない街 第2話 「掌」 感想

俺も小学生ぐらいからやり直したいな…(切実)
僕だけがいない街 第2話 「掌」 感想
考えても見てください。
29歳の記憶を持ったままやり直せるって最高だね。
そんな人生を見直せるような展開になった前回。
悟が戻ったのは大体18年前。
18年前って…俺の場合は学生か…後10年ぐらい戻りたいですね~(←コラ)
小学校では違和感全開の悟る。
どうですか?
小学生に戻ったらその当時の自分を演じることはできますか?
多分無理だな(笑)
記憶はあるんだからある程度自分を変えるように意識してしまう。で、違和感ができる。
仲間達は変な悟としか認識しませんでしたね。一部を除いては…。

悟の母が生きてたー(それはそう)
声優さんもこれでしばらくはギャラが発生しますね(←コラ)
しかしこれ母親見たら泣いちゃい自信ありますねw
俗に言う、失って初めてその大切さを味わったって奴ですね。

18年前に戻った理由。
リバイバルをしたのはいいけどこれの原因を突き止めないと行けないですね。
母を死なせないためにはどうするべきか?
………
ところでこれって失敗し続けるとまた母が死んだところからリバイバルするんですかね?
さて、何が原因なんだろう?
そいや悟の母は真相を知ってましたよね。
それがまず分からないとだめなんだろうけど、そもそも母が何を調べていたかも知らないんだろうな…
視聴者から見る母と悟視点からの母じゃ、情報量が違い過ぎますねこれ。

雛月を発見。
まだ生きている時代ですね。
足にはアザがあった。
虐待をうけていることが分かります。
雛月の親が犯人?
で、そんなふうに雛月を見ていたら友達に好きなのか~って誤解されました(笑)
わかる。
でもさ、友達の一人は余計なことし過ぎでしたねw
ばかばっか…とは言わずばかなの? と言われちゃいます。
こ、これは人によってはご褒美じゃ…(←マテ)

悟は偽物。
そうです。偽物と言われますよね。
ていうか、この場合この時代を生きていた悟の魂はどうなるんだろう? 
29の悟がリバイバルするまで小学生の悟がいましたよね。
それを乗っ取る?感じで入ってきた29の悟。
小学生の悟の魂は自然消滅?
う~ん。
考えるのをやめたw

「私のために人を殺せるか?」
友達条件きびしすぎぃ~
そしてこの頃の雛月は相当病んでましたね。
こりゃまずは雛月を助けることを考えるべきでいいのかな?
この後死んでしまうし。
悟もそのことをずっと思っていた。
良く行く公園に彼女はいた。
親の虐待が嫌で残っているようです。
それが逆に命取りだったんですね。
雛月の文集を読むことを友達に進められる。
雛月の文集にはとんでもない事が書いてありました。
誰もいない島に行きたい。
これ完全にSOSサインですね。
先生とかは気が付かないのかな?
てか、悟はどんな文集書いたんだろうね。そっちも気になります。
というわけで悟は誕生日会を開いて誘います。
母には彼女ができたのかと言われますw
名探偵妖怪コ○ンめ~(笑)
誘う時の雛月は完全に脈ありになってましたねw
手と手を合わせて幸せ~
速報・29歳男性小学生女子にトキメク(笑)
さて、うまく行くかな?
あと、やたらと第三者目線が気になりますけど、悟が今度は誘拐されるとかなっちゃうとかないよねw
スポンサーサイト

テーマ : 僕だけがいない街 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【僕だけがいない街】第2話『掌』キャプ付感想

僕だけがいない街 第2話『掌』 感想(画像付) 無邪気の楽園…小学校時代にリバイバルした悟。 DVを受けている 雛月を助けだせれば、未来を変えれるのか? とりあえず、雛月と友達になることか開始(笑) 雛月が、なかなかのツンドラ娘で良いですね! 小学生では良さが分からないキャラです(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

僕だけがいない街 第2話 「掌」

「俺は 未来を変えたい」 小さな手でも 離れても 僕らは この道 行くんだ 今さらですが、タイムリープ物ってズルいなぁって思いますよ。 だってよほど破綻しない限り、絶対おもしろいからね。 それがオリジナルであれば、まさに「0が過去で1が未来。今はドコにもない」。 本作は原作ありですが、何も知らない僕は余計な先入観に悩まされず楽しめます。 というかアレだな。 ...

僕だけがいない街 #2

【掌】 【早期購入特典あり】僕だけがいない街 上(メーカー特典:「ステンレスマグカップ」付) (上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray] ...

僕だけがいない街    ~ 第2話 掌

僕だけがいない街  第1話    ~ 第2話 掌 漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまうというものだった。 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ

僕だけがいない街 第2話 「掌」 感想

めっちゃ面白いですね。 引き込まれます。 早く続きが見たい! 悟は突如、昭和63年に時間跳躍する。 それは“リバイバル”。 過去に戻り「違和感」を解決することで、起こりうる事件を 回避するという現象だ。 そこでは母が在りし日の姿のままでいる……。 悟は失ったはずの時間を噛み締め、母を救いたいと願う。 これがリバイバルなら、違和感を解消すればそれが 叶うかもしれない。 ...

僕だけがいない街 第二話 掌 攻略開始感想

瞬間心重ねて。

僕だけがいない街 第2話「掌」

第2話「掌」 小学生の姿に戻って昭和63年にリバイバルした悟。 何度もリバイバルを経験しているせいか思った以上の同様はありませんでしたね。

僕だけがいない街 第2話「掌」感想

君と友達になりたい。 雛子を救うため、そして今を変えるための悟の言葉は少女の心に届いたのかもしれない。 昭和63年へとリバイバルした悟が、少しづつ当時の記憶を取り戻して行くところがいいですね。 母のこねてくれたハンバーグの味、そして今と変わらぬカレーに、母親のあたたかさを感じたんでしょうか。 やがて食べ終わると同時にごちそうさま。ありがとうと云う感謝の気持ちを告げる悟です...

僕だけがいない街 第2話

 第2話 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

僕だけがいない街 フジテレビ(1/14)#02

第2話 掌 18年前の昭和63年2月13日に時間跳躍した悟。小学校から急いで自宅に戻る。母親が生きているか心配だったから。途中で雛月加代とすれ違った。 母親が勤めから戻って夕食を一緒に食べて安心すると 涙が溢れてしまう。これがリバイバルなら、この世界の違和感を修正すれば良い。それならば、殺された雛月加代を助けることだろう。彼女を注目していると友達に好きだと勘違いされる。それでも一緒に帰ろうと...

僕だけがいない街 第2話感想

孤独な彼女に歩み寄る精神と行動。 

僕だけがいない街 第二話「掌」

評価 ★★★ 小学生は最高だぜ?            

僕だけがいない街「第2話 掌」

僕だけがいない街「第2話 掌」に関するアニログです。