甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」 感想

カバネリなら仕方ないね。
甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」 感想
無名もカバネリだと披露して皆を驚かす。
俺的には背中がセクシーだなって思ったぐらいかな(笑)
半分でもカバネということで臨戦態勢の来栖達。だが、それを止めるは菖蒲。
後ろの車両からでないことを条件に居座ることになりました。
生駒はさっさと降りたいと言い出すがそれを無名が制止。
「あんたがいなくなったら話すすまねんだよ!」
って感じですね(←マテ)
というわけで生駒には盾になってもらうために訓練をします。
フルボッコですね。でも生駒は噛まれても大丈夫のようです。
でも生駒って格闘は向いていないイメージですよね。
これから鍛えるのは結構至難の業だぞw
でも無名もずっと戦える訳ではない。
ある程度戦うと疲れて寝てしまうという。
このすばのめぐみんを思い出すわw

配給を余計にもらった妊婦さん。
その後ばれてめちゃくちゃ責められるんだけど、無名が駆けつけてそれどころではなくなる。
カバネの気配。
無名はそんな物を感じ取ることができるのか。

給水が必要なのと葬儀がしたいということで、城を停止させる。
囲うように停止したのは防御体勢ですね。
しばしの休息になるのかな?
で、生駒達は城の中から出ない模様。
生駒の手に握られている石の話になります。
けっこう前から気になってましたよね。
どうやら妹の形見みたいなもので、妹がカバネに襲われた時に逃げた生駒。それをずっと悔やんでいるようですね。
助けを求めた生駒だったけど、誰も助ける人なんていない。
無名みたいな奴がそこにいればわからなかったけどね。

カバネリ反対派。
カバネリを追い出そうとする人が集まって奇襲をかけようとする。
だが、菖蒲に止められてしまう。
ていうか、生駒ならともかく、無名の力を知っていれば襲おうとなんて思わないと思うんだがw
菖蒲の説得により事は収まった。
だが、先程の妊婦さんの様子がおかしい。
噛まれてたようですね。
でも検査で見つからなかったんかな?
噛まれたけど赤ちゃんの方は無事なんかな?
そんな妊婦に対してカバネリの本能なのか? 無名が血を求めているって言うのはカバネが近くにいるって合図なのか? 容赦なく妊婦を倒す。
さすがに非難を受けて動揺してますね。
赤ちゃんは多分無事なんだろうな…分からないけど。
そして生駒は血を出したせいか様子がおかしくなります。
菖蒲に襲いかかる。
これは意味深なシーンですね(笑)
妊婦の赤ちゃんは?
生駒はどうなっちゃったの? 
次回が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ 第三話 「捧げる祈り」

甲鉄城のカバネリ 第三話 「捧げる祈り」です。 今週はゴールデンウィークなので、

甲鉄城のカバネリ #03

『捧げる祈り』

甲鉄城のカバネリ フジ(4/28)#03

第3話 捧げる祈り カバネは人の敵だと銃を構える来栖。他人をカバネにしてしまうかもと降りようとする生駒。ボイラー室から出ないから金剛郭に向かいたいから乗せてと無名。菖蒲は彼らが守ってくれたと条件を飲む。 急遽、甲鉄城を出発させたので水も食料も不足気味。金剛郭は菖蒲の叔父が納めているので無下には断らないだろう。生駒もカバネ研究の最先端の金剛郭には興味があった。 無名は兄様と約束したので金剛郭ま...

甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り 衝動感想

本能には抗えぬ。

【甲鉄城のカバネリ】 第3話『捧げる祈り』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第3話『捧げる祈り』 感想(画像付) カバネと人の狭間にあるのが、カバネリ…。 心こそは人のものなれど、その糧は血! ゾンビでなくヴァンパイアみたいですね。 蒸気文明と一緒に、欧州のヴァンパイアまで流れて来たんですかね。 カバネリが血を吸った人間はどうなるのか? また気になる謎がw   以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ「第三話 捧げる祈り」

甲鉄城のカバネリ「第三話 捧げる祈り」に関するアニログです。

甲鉄城のカバネリ 第3話 「捧げる祈り」 感想

容赦なく生駒を蹴り飛ばす無名ちゃんかわいい。

平時の器 戦時の器【アニメ 甲鉄城のカバネリ #3】

甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り そこにある断絶

甲鉄城のカバネリ 第3話「捧げる祈り」感想

主人公・生駒くんの最初のお仕事は、無名ちゃんの盾になることです。 でも今のままでは役目をはたせそうにないので、無名ちゃんにボコボコ鍛えられます。 痛すぎるご褒美に転げ回る生駒でしたが、カバネは甲鉄城には乗せてられないと主張する人々からグサグサやられそうでしたね。 しかし父の死で急遽リーダーとなった姫の菖蒲が彼と無名が居なかったら私達は全滅していたと生駒を擁護する側にまわ...

甲鉄城のカバネリ 第3話 捧げる祈り

無名ちゃんと生駒くん、前途多難だよなあ・・・・