甲鉄城のカバネリ 第9話 「滅びの牙」 感想

やっぱりね(笑)
甲鉄城のカバネリ 第9話 「滅びの牙」 感想
というわけで狩方衆が金剛郭へいくのに最後の駅で足止めを食らう。
狩方衆の信用は幕府にはないんですよね。
ここで狩方衆と別れるけど、無名とも別れるって事ですかね。
無名だけでも取り返したいけど、それ以前にもう無名は美馬のとりこっぽいし。
何か真実を見せつけるイベントが発生しないと戻らないよね…って思ってましたけど、分かりやすい感じでソレは訪れました。

駅のお偉いさんと面会。
無名はトイレに行きたいと抜け出して城の門を開ける。
開ける時点で何が入ってくるのか大体想像付きましたw
入って来たのは狩方衆がおびき寄せたカバネの大群。
それに合わせて美馬も行動開始。
あっと言う間に制圧されてしまいました。
町の親子がカバネに襲われそうになるのを助けた無名だったが…親子は自害。
このシーンはエグイ。
無名はこの責任を深く感じたのだろうかね?
もっと大変なのは菖蒲が人質になったことですね。
来栖は活躍できるか!?
生駒にも活躍して欲しかったが、ここは来栖に活躍して欲しいシーンですね。

一方、滅火に何かを注射する美馬。
カバネを吸収して黒煙になる。
あんたが原因か。
最終的には追い詰められた美馬自身がソレになるんかな?(笑)
黒煙は門を壊して解放する。
美馬の考えって簡単に言うと引きこもってないで戦えって事でしょうかね?
復讐心も強そうです。
で、来栖が菖蒲を奪還するために奇襲。
科学者の持っていた白いケースが、今後のキーアイテムになるのかな?
でも来栖がその途中で敵の科学者と転落。
これは生きてるなw
滅火はついに暴走して美馬の元へ。
なぜか殺さずに殺されるのを待っていた感じ?
美馬はそんな滅火を躊躇なくクールに殺しました。
これを見て無名は考えを変えるのだろうか?
金剛郭に攻撃を仕掛ける準備はこれで整ったのだろうかね?
まあ、どうせ責めるんだろうけど、美馬が金剛郭にどうやって責めるのかも気になりますね。
楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ 第九話 滅びの牙 維新感想

信じていたのに。

甲鉄城のカバネリ 第九話 「滅びの牙」

甲鉄城のカバネリ 第九話 「滅びの牙」です。 いろいろやられました。朝起きるとパ

甲鉄城のカバネリ フジ(6/09)#09

第9話 滅びの牙 磐戸駅は金剛郭へ通じる最後の駅、 美馬の入城を許さなかった。これで狩方衆と別れられると少し安心する菖蒲。生駒に無名を取り戻せと告げる菖蒲。 美馬は無名に皆が幸せになれると作戦を命じる。城主の前田は美馬と会うがお供は女子供だけ。菖蒲も侑那と登城する。美馬は無名と滅火を連れて登城する。無名が戻ったので私は使い捨てられるのね、それは今日? 警戒される美馬、無名がトイレに向かう。そ...

甲鉄城のカバネリ 第9話 「滅びの牙」 感想

やっちゃった無名ちゃん。

甲鉄城のカバネリ #09

『滅びの牙』

甲鉄城のカバネリ 第9話 『滅びの牙』 予想以上のどんでん返し...コイツはクレイジーだ!!

狩り方衆は駅に入れない。金剛郭まで護衛とか無理じゃん。甲鉄城の連中と狩り方衆はここでお別れ。でも無名は生駒と喧嘩したまま美馬と一緒に居る。生駒としては気になるし、菖蒲も同じ気持ちの様で。 無名…可哀想な子。何やら滅火が意味深なことを。 私は…今日死ぬの?更に怖い事を言い出した。  お気楽な領主・前田。対象的に部下は物々しい警備。美馬の訪問は許可するものの...

甲鉄城のカバネリ 第9話「滅びの牙」感想

兄様・・・厠に行きたい。 モジモジする無名ちゃんに、うんうん、そっかそっかー(ついこぼれる笑顔)してたら、美馬の恐るべき倒幕が始まってた。 甲鉄城は金剛郭へ至る最後の砦、磐田駅に到着しましたが、美馬を警戒する幕府は彼と狩り方衆を駅に入れませんでしたね。 ただ磐田駅の城主の前田は長きに渡ってカバネを倒し続け、民衆を助けてきた美馬と会談し幕府と彼の間に良い落としどころはないかと...

甲鉄城のカバネリ「第九話 滅びの牙」

甲鉄城のカバネリ「第九話 滅びの牙」に関するアニログです。

甲鉄城のカバネリ 第9話 滅びの牙

無名ちゃん大ショック・・・・・