甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想

献血にご協力ください(強制)
甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想
狩方に人質? としてなった人々は、献血を余儀無くされていた。
この献血って血液型とか分けないんかな?
巣刈は敵さんに寝返りました。
裏切りものって罵られますけどなにか事情がありそうでしたよね。
というか、来栖はあの後どうなったんだろうか?
結構気になりますよね。

菖蒲と美馬。
金剛に入るための手伝いを強制される菖蒲。
まあ、成功した後に裏切られるのが目に見えてますよね。
てか、美馬ぐらいの強さなら金剛にでも攻められる気がするんだけど、それだけ信念が強いって事でしょうかね~
で、美馬の目的がここで明らかになる。
昔、九州のカバネ退治で成功していた美馬だったが、補給がこなく、ほぼ全滅。
なんで補給しなかったんだろう?
幕府は最初から美馬を捨てたかったんだろうかね?
で、その父を恨んで復讐するために戻ってきたと。
大体分かった。
でもなんで見捨てたんだろうね。
そりゃ恨まれるわ。

無名の疑問。
ようやく美馬がおかしなことをやっていることに気が付き始めましたね。
12歳だとなかなか気が付かないものっぽいですからね。
でも、それを悟られていた美馬に血の量を減らされていて、脱出するもダウン。
滅火の時みたいにへんな薬を打たされるんだろうか?

生駒の脱出計画。
どうやらカギを持っている人を特定できたので、脱出をするようです。
機関室を押さえるってかなり難しくないかな?
狩方ですら強いのに美馬相手じゃ勝てないんじゃないだろうか?
で、生駒が脱出したのをきっかけに反撃開始。
巣刈にも当たろうとするが、わざと裏切っていたという事実が分かる。
まあ、情報は大事だからね。
カギを開けていき、どんどん制圧する生駒達。
しかし、美馬があらかじめ開かないカギに取り替えておいたせいで、生駒と逞生が追い詰められる。
で、かばった逞生が撃たれて死亡?
あれは死んでるよね…
悲しいけどさらにそんな生駒に感想を求める美馬。
すごい趣味だな。
まあ、今の生駒は悲しみと憤りしかないと思うけど。
そして、無名が登場。
完全に(洗脳)入っちゃってますね。
生駒も無名に刺される。
でもここでドアが開いてそのまま突き落とされ、川に落ちる。
川に落ちるって事は生存フラグかな。
そいえば来栖も落とされてから出番がなかった。
共通する状態の来栖と生駒。
次回再会するんかな?
楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : 甲鉄城のカバネリ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甲鉄城のカバネリ「第十話 攻め上ぐ弱者」

甲鉄城のカバネリ「第十話 攻め上ぐ弱者」に関するアニログです。

甲鉄城のカバネリ フジ(6/16)#10

第十話 攻め上ぐ弱者 強い者が生き残り弱い者が死ぬ、それが世界の理。それを認める訳にはいかない、美馬を除くべきだ。 甲鉄城の人々は軟禁され採血される者とそうでない者に 仕分けられていた。克城の手伝いをする巣刈は裏切り者と思われていた。美馬は菖蒲に金剛郭への入場に叔父の力を借りようと交渉する。菖蒲の叔父は老中牧野だった。12年前のカバネ討伐で置き去りにされた美馬。それまではカバネを制圧できてい...

甲鉄城のカバネリ 第十話 攻め上ぐ弱者 支配感想

こんなはずじゃ。

甲鉄城のカバネリ 第十話 「攻め上ぐ弱者」

甲鉄城のカバネリ 第十話 「攻め上ぐ弱者」です。 『甲鉄城のカバネリ』ですが、こ

甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」感想 来栖に続いて生駒まで途中下車。あれだな、川に落ちて行ったから生きてるよね!

生駒を庇った親友逞生は大丈夫なんでしょうか。 瀕死の彼が握っていた生駒の石が奇跡を起こしてくれる事を信じたい。 生駒の乱はあえなく失敗。美馬に全て読まれてました。ガックシ。 武器を奪われ血も奪われ、菖蒲まで身柄を拘束された甲鉄城の面々は、なんとか状況をひっくり返して姫様を取り戻そうとしますが、実行の時も鍵が奪われる事も美馬が全て見抜いていましたね。 そして兄様を怖いと...

甲鉄城のカバネリ #10

『攻め上ぐ弱者』

甲鉄城のカバネリ 第10話 「攻め上ぐ弱者」 感想

自由と無名を取り戻す生駒たちの反撃。

甲鉄城のカバネリ 第10話 『攻め上ぐ弱者』 何でボケっと見てるのと思ったら「感想を言え!」にビックリ。

兄様マジキチ。こんな人跡継ぎになんてさせられませんわ。遠征にかこつけて殿様が暗殺するのも分かる気がする。それとも遠征前はまともだったのか。  弱肉強食なんて認められない。というか女子供を弱いから死ね、じゃ未来ありませんよね。狩り方衆そのへん分かってるのかな。甲鉄城の連中はカバネ用に血をとられる家畜。ちょっとでも異議申し立てしたら腕ズバーン!一緒に居る連中も戦闘狂みたい。弱者にとって...

【甲鉄城のカバネリ】 第10話『攻め上ぐ弱者』 キャプ付感想

甲鉄城のカバネリ 第10話『攻め上ぐ弱者』 感想(画像付) やっぱりメタボキャラが犠牲になるんか… 逞生ーー!! 生駒が片腕を落とされ本当にどうなるんだろう? 無名ちゃんも精神支配されて、このあと逆転あるのか? 劇場版に続くとかじゃないよね?w 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

甲鉄城のカバネリ 第10話  攻め上ぐ弱者

美馬って実は変態でしょ・・・・