大人気シリーズ『キラシナの会社の愚痴コーナー』(←マテ) 「プリンターは消耗品」【日記】

さて、今回話す愚痴はプリンターの話です。
俺が会社で使っている結構でかい測定器があるんだけど、内の職場はその測定結果を必ずプリントアウトする。
そこまでは良いんだけど、先週、そのプリンターに黄色い警告が表示された。
「吸収体が満タン間近」
どもプリンターでも、この警告が出るとメーカーに出すか買い替えだとおもう。そもそも一般家庭ではこの警告が表示される前に古くなるか、新しいのに取り替えると思う(笑)
だが、内の会社のプリンターは、1日500枚近い印刷を繰り返している。インク代もすごいから薄い設定にしている。エコ設定かな?
で、そんなもんだから新しいのがきて1年経たずしてこの警告がくる。
メーカーに出せば直せるらしいが、時間と経費がかかる。

プリンターは備品?
いいえ、消耗品です。

この警告の後、赤いプリンターの絵と一緒に
「吸収体が満タンになりました。メーカーに出してください」
みたいな警告が出て一切機能しなくなる。
なんで、黄色の警告が出てからすぐに担当に報告。
「吸収体警告でているから新しいの用意して」
そんな感じ。
黄色の警告が出てもリセットを押せば使えるのだ。
だが、その一週間後。事態は災厄を迎えた。
ついに赤の警告が出たのだ。
だが、報告済みだから新しいのを用意してあるだろう。
「ないよ」
はい?
用意してない…報告はした。でも用意はしていなかったようだ。
なんということだ。
まず俺が思ったのは怒りよりプリントアウトできないことにより測定ができないことだ。測定ができないことは品質を保証できないから生産ができない。遅れが生ずる。
彼らが動いたのは、赤警告が出てから。
急いで対応したようだけど、まだ到着はしていない。
俺はしょうがないので別メーカーのプリンターを空いているところから拝借してドライバー確認後起動させるようにした。
なんとかプリントアウトできるようになった。
遅いけど(笑)
てか、これでこの話は終わらない。
実は1年前にも同じ事があった(笑)
おいおい…学習能力ゼロかよ。
しかも、倉庫に1年前に使えなくなったプリンターがおいたまま。もしかしたらそれ使えるようになっている? 試みたが駄目だった(それはそう)
なんか、吸収体ぐらいでメーカーに出してお金出すのがもったいないから自分で直せないか? みたいな感じでいじっていたみたい。でも何もせずに放置。
てか、そのプリンター処分しないんですか?(笑)
メーカーにも出さず、直さず。廃棄もしないで1年間放置かよ。
笑えなかったわ…
新しいのプリンターはまだこない…
まあ、流石に注文はしたと思うけど、こんなことなら古いのを直しておいていつでも使えるようにしとけよとも思った。
コスト削減。
エコ思考。
効果が出ればプラスの活動も、時に害になる。
エコ思考で保存して再利用しようとしても何もしなければ邪魔な在庫。
コスト削減でけちった結果。本ラインの生産を止める危機に陥る。
そこらへん良く考えてほしいですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する