うらら迷路帖 第7話 「祝詞と魔女、時々覚悟」 感想

最初の難関!(もう7話なんですけど…w)
うらら迷路帖 第7話 「祝詞と魔女、時々覚悟」 感想
うららの最初の壁として登場した試験というのが祝詞を覚えることでした。
結構簡単そうにも思えますけどね…
15歳の少女なら、暗記なんて楽勝でしょう。
でも、問題児が…
千矢は元から学習が苦手ですからね…
他も今回の試験はきついか?
紺はきっと優秀だから楽勝かな?
でも目の下にクマを作ってまでしないと覚えることが出来ないようです。
つらいw
で、ニナも励ましているようですが…
ニナ自身もこの苦難を通って来た身なので、同じ苦しみを味わって欲しいようです(笑)
祝詞暗記って大変なんかな?
イマイチその大変さが伝わらない。
元素周期表を丸暗記するレベルぐらい?(笑)

そんなとき、ノノが突然歌い出す。
歌って覚える術ですね。
てか、最初見た時は、本の文章を横読みして暗記しているんかと思いましたw。
ノノの歌は、思い出深いものだったんですね。
試験はノノと優秀な? 紺が合格。
千矢はいつも通りでしたねw
小梅はやっぱり駄目だったのか…
てか、小梅は頑張っているんかと思ったんですけどね~
で、後半はそんな小梅が魔女になった話。

フランスからの留学生がきっかけで魔女になったんですね。
色々あったみたいだけど、フランス人も金髪が多いんかな?(そこ)
マリの魔法は本物なのか?
でも、病が流行出したのがマリのせいにされてましたね。
皆と違ったものが近くにいるだけで病原菌扱い。
両親も心がいたいけど追い出すしかなかったようですね。
マリとのお別れの際に、一番の魔女を約束する。
つまり、小梅は一番うらを目指しているって事ですね。
うん…いまさらって感じですが、どの子も一番うらを目指していることには変わりない。
みんなのうららへの目標が徐々に明らかになって来ましたね。
うららもまた、人から好かれたり嫌われたりするもの。
そんなの、どの業界でも当然のことですけどね。
てか、尺的にどこまでやるのかが気になって来ました(笑)
せめて9番までは行ってくれるんだろうかね?(原作は読んでない)
次回も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : うらら迷路帖 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさんこんばんは。

祝詞を全部覚える試験なんか難しそう。
千矢と小梅が追試でしたね。
2人は無事に合格できたのでしょうか?

小梅は魔女に憧れていたと。
占い師と魔女って似たような存在なんでしょうか?

ノノも小梅も一番うらになりたいようで安心しました。

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます。

> キラシナさんこんばんは。
>
> 祝詞を全部覚える試験なんか難しそう。
> 千矢と小梅が追試でしたね。
> 2人は無事に合格できたのでしょうか?

長文は結構難しいですね。
うららだったら多分得意分野になると思いますから一応簡単な方なんだと思います。
どれだけ長い文章かが気になりましたけどね。

> 小梅は魔女に憧れていたと。
> 占い師と魔女って似たような存在なんでしょうか?

個人的には違う気もしますが、どちらも能力を使うって意味で一緒ですかね~
一番うらの能力が、魔法みたいな感じに凄いんでしょうけど…

> ノノも小梅も一番うらになりたいようで安心しました。

全員目標は同じでしたね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うらら迷路帖 TBS(2/16)#07

七占 祝詞と魔女、時々覚悟 占いの最初に唱える言葉、祝詞を覚えること。うららなら誰でもが通る最初の難関が今度の試験。たくさんある古い言い回しに紺でさえも苦しんでいた。ニナ先生も大変で色んな特訓を行った。祝詞は神様に力を借りるお願いをする言葉、だから 形式的なものでもある。そう聞いて急に身近に感じる4人。でもノノは人見知りなので余計に難しく感じてしまう。小梅ならもっと格好いい言葉がいいと若干中...

うらら迷路帖 #7

【祝詞と魔女、時々覚悟】 うらら迷路帖 第1巻(イベントチケット優先申込券付 初回限定版) [Blu-ray]出演:原田彩楓NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(2017-03-24)販売元:Amazon ...

うらら迷路帖 第7話「言葉や方法は自由なのよ」

うらら迷路帖 #07「祝詞と魔女、時々覚悟」 心を込めて気持ちを伝えることの重要性。

うらら迷路帖 七占 『祝詞と魔女、時々覚悟』

祝詞(のりと)とは 神を祭り神に祈るとき、(神主が神前で) 述べる古体の呪文みたいなもの。 そう、祝詞を間違えずに言えないと効力は発生しない。 なんと、高度な技なんだろうか? 心を込めて、間違えないで唱えるとなると なんだか魔法のようですね。 棗ノノが祝詞を唱えるとラリホーの呪文になった! 小梅が眠くなった! ...

青の祓魔師 京都不浄王篇「第七話 気炎万丈」

青の祓魔師 京都不浄王篇「第七話 気炎万丈」に関するアニログです。

7話「祝詞と魔女、時々覚悟」感想

ノノの頬に手を当てる千矢が大人びていたのと「ニナ先生」とノノに言われたニナが佐久に泣きつくのと、一人で歌っていた紺が小梅に見られるのが可笑しくて、小梅の魔女姿が結構似合っていたのと、子供の頃、マリに「30歳くらいかと思ってた」と言うのが酷かったです。