この素晴らしい世界に祝福を!10巻 ギャンブル・スクランブル! 感想

とうとう原作10巻まで追いつきました。
思えば、アニメ1期放送からちょくちょくじっくりコトコト読み続けてきましたが、自分自身ライトノベルの読書時間が長いのと、時間が全く取れなかったせいもあってずっと放置状態。最近になってじっくり読めるようになったので10巻まで読むことができたので、10巻の感想に入りたいと思います。
G8JhnGNh.jpg
今回の舞台はカジノの国エルロードが舞台ですね。
カジノって聞いただけでカズマがどんなことをやるのかなっていうのはなんとなく想像できましたが、後半になってそれが実際に行われました。
話はアイリスからの手紙から始まります。
アイリスの許嫁っていうのがエルロードの王子。
で、そこまでの護衛をお願いされるカズマ。
妹として愛しているカズマにとって、許嫁ってだけで過剰反応しますよね。
下手すれば相手の男を…(笑)
まぁ、実際に、カズマは本気でそんなことをしようとします。
デュラハンの話が少し出てきましたが、もしかしたら、デュラハンの再登場を期待していたのですが、それは叶わなかったです。
まぁ、デュラハンが出た時点で、それはそれで問題になるんだろうなとも思いました。
てか、デュラハンのネタが出てきたのだから今後の伏線にもなりそうですよね。
さて、エルロードに行こうとするカズマを妨害する女性がいました。
ダクネスです。
外交問題になると気がついたダクネスは、カズマを誘惑して薬を盛ろうとします。
縛り付けられてますますそういうプレイに発展しそうでしたけど…面白かったシーンの一つです(笑)
カズマは「読唇術」というスキルを習得していたおかげで、ダクネスやレインの妨害を阻止することができましたね。
読唇術って便利ですけど、自分のことを言われているのを聞いているってけっこう嫌な気分だなとも感じました。

アイリス護衛は不要。
護衛任務についたカズマだったが、アイリスが恐ろしいぐらい強くて無双状態でしたね。
これ…もう魔王討伐できちゃうんじゃないだろうかってぐらいでした。
でも、アイリスはカズマを兄として慕っていました。
可愛い妹が最強とは…カズマも立場が危ういですね~
で、エルロードに到着。
エルロードで王子に資金援助の要求。
断られてしまいましたね。
レヴィ王子はあまり評判が良くないようでした。
評判が良くないけど、宰相がいるおかげで成り立っているようです。
宰相が出てきた時点で、既に胡散臭かったですね。
実際そうだったのですが、わかり易いほど黒幕でした。
資金援助をしてもらうために、カズマとエルロードの戦いが始まりました。
戦いって言っても力ではアイリスには勝てず、ゲームではカズマが圧勝。負け無しでしたね。

エルロードに追加資金の要請。
エルロードと魔王軍にはとある関係があったのですが、まぁ、それはここで言うのはやめときます。
アイリスはエルロードで問題だった龍を倒しましたが…結果はあまり変わらず。
お金が出せないとなると、最終手段に入るしか無いですね。
カズマはカジノでたくさん資金を儲けて金を巻き上げようという作戦に出ました。
途中で、アクアがカズマと同じところにかけたシーンが結構笑えますね。
アクアが絡むと強運も打ち消されてしまうのか…
温泉を浄化してしまうように、アクアは運すらなくしてしまうのでしょうかね(笑)

エルロードの宰相がとうとう正体を表しました。
てか、この作品の敵さんはいい人ばかりなのか?(笑)
エルロードのことを真剣に考えて信頼されていたのに、魔王軍のラグクラフトと判明。
ドッペルゲンガーという変身の能力を持つラグクラフトはカズマに変身して仲間を惑わさせます。
が、アイリスだけはそれを見破り、討伐。
兄を愛するがゆえにできた技でしたね。

という感じで今回の話は終わりましたが、次回予告なのか、最後にコメッコとの会話が少し出てきて、家がなくなったという話が出てきましたね。
ということは、11巻は紅魔族の話になるのでしょうかね。
楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ : このすば - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この素晴らしい世界に祝福を!2

この素晴らしい世界に祝福を!2に関するアニログです。