FC2ブログ

異世界食堂 第1話 「ビーフシチュー/モーニング」 感想

異世界に飛ばされた食堂かと思ってました。
異世界食堂 第1話 「ビーフシチュー/モーニング」 感想
という訳で始まった異世界食堂。
異世界に飛ばされたのではなく、異世界に週1でつながる店のようです。
普段はこちらの世界で普通の食堂やっているんですね。
考えれば、食材とかどうしているんかなってなっちゃいますよね。
異世界の飯はうまい。
時には強そうな野郎共がケンカになりそうだが、つくってやらないという一言で黙らせることができる。
完全に胃袋をつかまれてますね。
そんな中には赤の女王とか言われるドラゴンもいる。
人間に姿になって来店。
ビーフシチューが好きなようです。
鍋をもって来たのは、下僕とかに配るのではなく、持ち帰って食べたいということですねw
持ち帰ったらドラゴンになって鍋をベロベロ。すぐになくなりそうw
てか、料金として金貨をもらってましたけど、それで店が成り立つんかな? 日本円に両替できないと思うんだけど…
そもそも異世界通貨と日本円で店をやりくりできるのだろうか?気になるところですね。

さて、続いては店に迷い込んだのは、廃墟で暮らしていたアレッタ。
魔族だから職に就けないようです。お金も無く仕込んでいたコーンポタージュを食べてしまいました。仕方がない。コンポタは地味においしいからね。
とりあえず朝食を一緒に食べる店主。
モーニングという名の食パン。でもプロが作るとおいしい。
アレッタの事情を聴いた店主はとりあえず働かせることにしました。
週1回だけ働けば良いのか…(←マテ)
ボロボロのままじゃしょうがないので、とりあえず着替えてもらうことに。シャワーシーンいただきました~
で、なぜかぴったりのウェイトレスの服を用意してあると。
以前誰か女性が働いていたのかな?
これでアレッタも飢え死にする事なくなるかな?
でも寝る場所は廃墟なんですね。住み込みじゃだめか…
店に新しい従業員が増えたということで、ドラゴンがなにやら魔法をかけてくれます。
プロテクションとかかな?(笑)
それにしても色々出て来ましたね。
今後も色々な異世界人が出て来るんでしょうか?
基本的には異世界人に料理を提供する感じの流れなんかな?
ラスボスを倒したりとか冒険は無さそうな感じ。
でも、楽しかったです。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさん、こんばんは~。

異世界にある食堂ではなく異世界の人たちが
訪れる食堂なんです。
周1で異世界の人たちに料理をふるまうところです。
ねこやは洋食以外にも様々なメニューがあります。

料金としてもらってた金貨はある程度たまったら
異世界の商会から異世界の食材を買ってましたね。
あとはアレッタの給金です。

魔族のアレッタが早くも給仕になりました。
コンポタおいしいですよね。

冒険とかラスボス倒しはない・・・ですね。
異世界の人がダンジョンの奥でねこやの扉を
見つけたとかならありますけど。

No title

異世界の客の支払いのお金は客でもあるとある大商店の人物との交易で消費されます。(趣味も料理の店主は来る客の舌に合わせた味付け等をしたいので異世界産の色々な食材を仕入れてもらっててその代金で消えてる)

>プロテクションとかかな?(笑)
あの赤の女王はあの世界での最強の神6柱の1柱なので最上級の加護になってます。
つまり神の保護下に入ってるという事です(笑)
実は以前に店主の料理に惚れこんだとある存在に連れて行かれそうになった未遂事件があったので店主にもしもの事があったらビーフシチューが食べれなくなるので守護の加護を店及び関係者って限定したのを掛けてあります(そのあいては物理的に凹って出入り禁止に処されました 出入り禁止を食らうと扉に触れる事ができなくなる

>以前誰か女性が働いていたのかな?
前からあるこの店の正式なウエイトレス服です(web原作版の記載だとね。

>ラスボスを倒したりとか冒険は無さそうな感じ。
というかそのラスボス以上の最強の存在に守護されてるからねwwwww

No title

>ラスボスを倒したりとか冒険は無さそうな感じ。
店に訪れるお客の中には、ラスボスを倒した勇者様御一行の一員やその関係者がいたりしますが……
(一話冒頭のシーンにも一人……)

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます。

> キラシナさん、こんばんは~。
>
> 異世界にある食堂ではなく異世界の人たちが
> 訪れる食堂なんです。
> 周1で異世界の人たちに料理をふるまうところです。
> ねこやは洋食以外にも様々なメニューがあります。

これから色々な料理で飯テロをしてくれるんですね~
美味しいものが色々と出てくるとお腹減りそうです。

> 料金としてもらってた金貨はある程度たまったら
> 異世界の商会から異世界の食材を買ってましたね。
> あとはアレッタの給金です。

そういう組織があったんですね。
そのうち出てくるかな。

> 魔族のアレッタが早くも給仕になりました。
> コンポタおいしいですよね。

冬に朝ごはんでたまに食べます。
ほんと美味しいです。
じっくりコトコトこんがりパンコーンポタージュとかホント好き。

> 冒険とかラスボス倒しはない・・・ですね。
> 異世界の人がダンジョンの奥でねこやの扉を
> 見つけたとかならありますけど。

食事がメインですからね。
どんな作品になっていくのか楽しみです。

Re: No title

m さん。コメントありがとうございます。

> 異世界の客の支払いのお金は客でもあるとある大商店の人物との交易で消費されます。(趣味も料理の店主は来る客の舌に合わせた味付け等をしたいので異世界産の色々な食材を仕入れてもらっててその代金で消えてる)

異世界の食材が意外とこちらの世界とあまり変わらないっぽいんですね。
商店との取引は後で出てくるんでしょうかね。
取引のシーンとかもみたいですね。

> >プロテクションとかかな?(笑)
> あの赤の女王はあの世界での最強の神6柱の1柱なので最上級の加護になってます。
> つまり神の保護下に入ってるという事です(笑)
> 実は以前に店主の料理に惚れこんだとある存在に連れて行かれそうになった未遂事件があったので店主にもしもの事があったらビーフシチューが食べれなくなるので守護の加護を店及び関係者って限定したのを掛けてあります(そのあいては物理的に凹って出入り禁止に処されました 出入り禁止を食らうと扉に触れる事ができなくなる

そんな強いのに気に入られたのでは、ある意味最強の料理人ですね(笑)
あの加護が役に立つ日が近そうですね。

> >以前誰か女性が働いていたのかな?
> 前からあるこの店の正式なウエイトレス服です(web原作版の記載だとね。

可愛いですよね。

> >ラスボスを倒したりとか冒険は無さそうな感じ。
> というかそのラスボス以上の最強の存在に守護されてるからねwwwww

ラスボスが知り合いなんですね(笑)

Re: No title

夜夢 さん。コメントありがとうございます。

> >ラスボスを倒したりとか冒険は無さそうな感じ。
> 店に訪れるお客の中には、ラスボスを倒した勇者様御一行の一員やその関係者がいたりしますが……
> (一話冒頭のシーンにも一人……)

なんと! どんだけ有名人が集まる食堂なんですか(笑)
続きが楽しみです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異世界食堂 テレ東(7/03)#01新

第1話 ビーフシチュー、モーニング 洋食屋なのに豚の角煮を提供する。海の向こうから来たのなら洋食。それにランチの白ご飯に合うから角煮もあり。 白ご飯に合うのは、照り焼きチキン、ロースカツ、カレー、 カツ丼と互いに言い争う異世界人。自分の主張は曲げないものばかり。オムライスが好きなもの、カツカレーを試す者まで居た。洋食のねこやは週に1度異世界と通じる扉が出現する。その日は異世界の人々に料理を提...

異世界食堂 第1話「ビーフシチュー」「モーニング」

うん、合格だ(カワイイ) 週に1日だけ異世界と繋がる洋食屋、で良いのかな?既にそういう世界観が出来上がってて、何故そうなったかは謎。後に語られるかも知れないが、取り敢えず色んな種族が異世界からやってきて食事を楽しんでる。初回は大方そんな感じだが、どういうストーリーなのかまだ分からないな。 料理は美味い美味いと食うだけで、変なリアクションが無いのは好印象だが、深い言及が...

異世界食堂 第1話「ビーフシチュー/モーニング」感想 良作の予感しかしない。お腹が空いた分だけ、優しさでいっぱいになるのかな。

アレッタちゃんの笑顔とエンディングが癒しすぎる。 洋食屋のねこやを舞台にした癒しファンタジーなのでしょうか。 料理を作る店主と店を訪れる様々なお客さんやそこで働く者たちが、これからどんなドラマを見せてくれるのか、ちょっぴりお腹も減るけど期待でワクワクしてきました。 それにしても料理の作画が素晴らしくてどの料理も美味しそうに見えて仕方ないんですが、舌鼓を打つ者も、じっくり...

異世界食堂 第1話 『ビーフシチュー/モーニング』

洋食屋で角煮とは、珍しいです。 洋食屋といえば、オムライスやパスタを思い浮かべます。 『洋食のねこ屋』の客は、とても変わっていますね。 格闘家? 哲学者? ライオン? トカゲ? なんだか、カオスですね。 兵達が料理人の一言で、喧嘩を辞めるとは とても美味しい料理なのでしょう。 向こう側の人間? ああ...

異世界食堂「第1話 ビーフシチュー/モーニング」

異世界食堂「第1話 ビーフシチュー/モーニング」に関するアニログです。

異世界食堂 第1話 『ビーフシチュー/モーニング』 異世界転生...してなかった。

ここでの異世界→現代日本のこと。最初現代の料理人が異世界で食堂開いて大繁盛!というのを想像していました。実際途中までそう思っていた。店も主もそのまま、扉だけが週に一度の土曜日に別の世界と繋がる。不思議な老舗洋食屋「ねこや」が舞台です。 胃袋を握ったものが一番強い。登場キャラには贔屓の食べ物があり、そればかり食べている様です。食べ物の事で喧嘩を始めるも、店主の一言でダンマリ。暴れたら...