【美少女文庫】 桜の咲く頃、僕は妹と再会する。 感想

4日間限定という名の妹デリヘル(←コラ)
【美少女文庫】 桜の咲く頃、僕は妹と再会する。 感想
というわけで、棒有名ラノベ読者から紹介してもらった感動作品。
個人的には作者が何やっていたのかとかよく分からなかったんだけど、絵師については知っている人でした。
実際、この作品のまず良いところは読みやすい。
まるでギャルゲーをやっている感覚でした。

さて、内容ですが…
内容を簡単に言ってしまうと。
死んだはずの妹が4日間限定で復活→思い出作り(大体イベント+エッチが入る)→悲しいけどお別れ→生まれ変わってお兄ちゃん大好き!
以上です。
簡単に言ってしまいましたけど、一応主人公の過去や、病気の妹をもつ辛さや、学歴の事情など、いろいろと設定はうまくできていると思いました。
ある程度のオチが分かっていても、この手の作品は心が揺るぐ。感動までは行かないけど、読んでいて、心の奥底から込み上げてくる可哀想な気分にはなる。
まあ、そんな可哀想な妹と激しくやるんですけどね(笑)

これは18禁なの?
これが最大の謎でした。
挿絵には明らかに性的行為をしているイラストが入っている。しかし、そこにリアリティーはない。
子供が間違ってフェラシーンの挿絵を見たところで「この女の子バナナにしろっぷかけてるー」って程度。
そもそもこの作品自体一般書籍コーナーにある。
普通に手に取れるもの。
ここではこの件についての追求はやめておこう(長くなるから)

さて、感想と言っても言うことはただ一つ。
ただのギャルゲー。
でも、主人公の現在の大学への進学への理由や、病弱な妹がいることによる悲しい過去などの話は結構面白いと思った。
こういったテンプレ作品は、テンプレよりもその他の設定が結構重要。
その点では面白かったと思った。
美少女文庫…
また機会があったらチェックしたいと思います。
以上。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する