異世界食堂 第2話 「メンチカツ/エビフライ」感想

エビフライとメンチカツが売れるっ!(笑)
異世界食堂 第2話 「メンチカツ/エビフライ」感想
トレジャーハンターが日記を頼りに廃坑へ。
日記には、土曜日に何かがあるということだけ。
土曜土曜って言っているから丑の日かと思いましたw
廃坑に入るとドアを発見。
レストランですね~
この扉ってどこにでも現れるのだろうかw
サラが武器を構えて扉をオープン。
いらっしゃいませ~
こうやって初めて来店する人の反応。
武器を構えて攻撃に備える。
普通ですよね。
今までのお客はどんな反応して初来店をしたのだろうか?
お店にはアレッタがメイドさんをしていました。
余計に繁盛しそう。
サラの祖父曾祖父が通っていたお店。注文は定食のメンチカツを注文。
水もレモン水とか豪華ですね。
パンとスープもお代わり自由。
店が破綻しちゃう~
異世界のめしは旨い。
メンチカツのとろけるおいしさを伝える演出。
おなか減っている人にとっては辛いシーンですねw
お土産にメンチカツもプレゼント。
ところで、メンチカツ定食の勘定をはらったのだろうか?
メンチカツの常連が出来た瞬間でしたね。

今度は兵士の話かな。
砦のハインリヒにさらに偉いタツゴロウという剣豪が訪問。
豪華な剣を返しにきたという。
剣は昔、ハインリヒのお代になったものだった。
ハインリヒが守っていた砦がモスマンに襲われた。
で、一番足の速いハインリヒが援軍を求めて伝令に向かう。
馬も死に装備を捨てて走って城に向かう。
走れメロスですね。
腹ぺこで倒れそうになった時。目の前に小屋が。
ドアが例のあれですね。
入って早速食事を所望するハインリヒ。
メニューにエビフライがありますね。
エビフライは沢山お代わりをするほどおいしかったようです。
タルタルソースはやばいですよね。
沢山食べたお陰で城まで走ることに成功。でもお金を持っていなかったので剣を渡すことにw
1週間に一度だから後で渡すのは難しいよね。
で、タツゴロウが剣を預かったと。
また来店したらエビフライ沢山食べそうだねw
食事が人を救う。
良い話じゃないですか。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

祖父じゃないよ曾祖父
>ところで、メンチカツ定食の勘定をはらったのだろうか?

サラの言動でウイリアムズさんがつかってた場所だとさっして関係者(血縁者)とおもったのでおまけしてくれました。

>腹ぺこで倒れそうになった時
これ腹ペコだけじゃなくてモスマンの攻撃を抜けてきた分のダメージも蓄積されてました。


あと原作ではこの時期はまだアレッタは着てないのでオリジナルの掛け合いでした。(尺的に入れないときつかったんだとおもう^^;

No title

>日記には、土曜日に何かがあるということだけ。
>土曜土曜って言っているから丑の日かと思いましたw

 原作では、店主達――こちらの世界の人達は「土曜」と言っていますが、サラさん達――あちらの世界の人達は「ドヨウ」と呼んでいます。
 あちらの世界には「一週間」と言う時間の尺度がないので、「曜日」と言う概念がないんです。
 故に「7日毎に訪れる謎の日=ドヨウの日」と言う風に捉えているお客が多いみたいです。

Re: No title

m さん。コメントありがとうございます。

> 祖父じゃないよ曾祖父

曾祖父でしたか!
おじいちゃんかと思ってみてました。

> >ところで、メンチカツ定食の勘定をはらったのだろうか?
>
> サラの言動でウイリアムズさんがつかってた場所だとさっして関係者(血縁者)とおもったのでおまけしてくれました。

なるほど、空気の読める料理人なんですね。
ウィリアムズ氏有名だったんですね。

> >腹ぺこで倒れそうになった時
> これ腹ペコだけじゃなくてモスマンの攻撃を抜けてきた分のダメージも蓄積されてました。

なるほど、確かに逃げて来た感じでしたからね。
やられていてもおかしくはないですね。

> あと原作ではこの時期はまだアレッタは着てないのでオリジナルの掛け合いでした。(尺的に入れないときつかったんだとおもう^^;

あら、結構駆け足っぽい? 
詰め込む方針なんですかね。
どちらにしても面白かったので問題ないと思います(笑)

Re: No title

夜夢 さん。コメントありがとうございます。

> >日記には、土曜日に何かがあるということだけ。
> >土曜土曜って言っているから丑の日かと思いましたw
>
>  原作では、店主達――こちらの世界の人達は「土曜」と言っていますが、サラさん達――あちらの世界の人達は「ドヨウ」と呼んでいます。
>  あちらの世界には「一週間」と言う時間の尺度がないので、「曜日」と言う概念がないんです。
>  故に「7日毎に訪れる謎の日=ドヨウの日」と言う風に捉えているお客が多いみたいです。

曜日無いんですね。
そうなると7日間でカウントするしか無いですね。
ドヨウノヒをきっかけに曜日の概念ができるとかアレば良いんですが。
不便ですが7日間に1度の楽しみは我々視聴者も同じことですからね。
放送に合わせて営業しているとか…とも思えちゃいますね(笑)

No title

>不便ですが7日間に1度の楽しみは我々視聴者も同じことですからね。

web版原作も、書籍化が進む前は毎週土曜0時更新でしたから……
「今日はドヨウの日だ!」
 となっていた読者は少なくない筈……
(斯く言う私もそんな口でしたが……)

Re: No title

夜夢 さん。コメントありがとうございます。

> >不便ですが7日間に1度の楽しみは我々視聴者も同じことですからね。
>
> web版原作も、書籍化が進む前は毎週土曜0時更新でしたから……
> 「今日はドヨウの日だ!」
>  となっていた読者は少なくない筈……
> (斯く言う私もそんな口でしたが……)

なるほど! 土曜更新っていうのもあったんですね。
楽しみにしている人にとってはドヨウの日と騒ぐのも無理ないです。
原作は見てませんが、テレビの場合は月曜日放送なので「ゲツヨウの日だ」と騒ぐことになりそうですね(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異世界食堂 第2話 『メンチカツ/エビフライ』

「今日はドヨウの日、廃坑に行く」 なんでやねん。 トレジャーハンターのサラは、祖父(ウイリアム・ゴールド)の 日記に遭った通りの行動をしたら、待ち受けていたのは ゴブリンたち。 しつこいのは嫌いです! キモイのも嫌いです! そう、人類の敵のゴッキーと素蚊に次ぐゴブリン。 こんな奴らは、とっとと始末してしまいましょう。 ゴブリン...

異世界食堂 テレ東(7/10)#02

第2話 メンチカツ/エビフライ 土曜の日は廃鉱へ。亡くなったトレジャーハンター、ウィリアム・ゴールドの日記の記述。その記述を元にサラ・ゴールドも廃鉱を巡る。そして隠し扉の中に扉を発見する、昨日は無かったのに。覚悟を決めて恐る恐る中へ。 そこは洋食屋ねこや。アレッタがレモン水をサービスして東大陸語のメニューを差し出す。料理の名称だけでは内容が判りにくい。一番安い日替わり定食を注文してみる。今日...

異世界食堂「第2話 メンチカツ/エビフライ」

異世界食堂「第2話 メンチカツ/エビフライ」に関するアニログです。

異世界食堂 第2話「メンチカツ/エビフライ」感想 美味しくて堪らない顔をするサラさんに世界の料理ショーの実食シーンを思い出す。

美味しいものを食べるだけのアニメなのに、どうして涙がこぼれてしまうんだろう。 ねこやの主と出会うまでは美味しいものを食べる機会が少なかったと思えるアレッタに代わって、今回はトレジャーハンターのサラと騎士のハインリヒの二人が豊かな表情とたっぷりの語彙でその美味しさを伝えてくれましたね。 揚げたてのメンチカツとエビフライはそのままでも美味しいし、ソースをかけても美味しいもので...

異世界食堂 第2話「メンチカツ/エビフライ」

第2話「メンチカツ/エビフライ」 本日のメニューはメンチカツとエビフライ。

異世界食堂第2話

「スープとパンはおかわり自由です♪」満面の笑みを浮かべてサラさんを誘惑するアレッ

その一皿に何をか垣間見るか―【アニメ 異世界食堂 #2】

アニメ 異世界食堂 第2話 メンチカツ/エビフライ その一皿を介して 色とりどりの人生という物語の一コマに立ちあえたなら 何かを垣間見れたのなら

異世界食堂 #2

今回はメンチカツとエビフライのお話でした。 トレジャー・ハンターのサラは、ウィリアムという先輩の残した日記を手がかりに、とある遺跡を探索していました。そこでサラは、異世界へと続く扉を見つけました。そこにあるのは、もちろん「洋食のねこや」です。そこでサラは、何もわからないまま食事をすることになりました。 とりあえず日替わり定食を頼んだサラでしたが、それはかってここにやって来たウィリ...

異世界食堂 第2話 『メンチカツ/エビフライ』 ハインリヒのリアクションが最高!!

土曜の日、土曜の日…。うなぎ食いに行くみたい。祖父ウイリアムの手記を頼りに廃坑にやってきた女性トレジャーハンター・サラ。 奥に扉、くぐると料理屋、迎えたのは魔族の娘。そりゃ怪しいと思いますよね。 東大陸語は読めますか?言葉は通じるけど文字はダメなんですね。水なんて頼んでないわよ!水がタダ&おかわり自由というのが信じられない模様。冷たくて美味しい…。冷蔵冷凍技術もな...