異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」 感想

飯を食いに山登り!
異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」 感想
ドワーフのおっさん二人がうまい酒と料理を求めて山登り。
山の中に出現した異世界食堂。
そこに掘っ立て小屋を作ったドワーフ。
異世界食堂の扉を守るために家を立てた異世界人がここにも一人(笑)
仲のいい友を連れておっさん二人来店。
やっぱりドワーフの武器は斧かw
シーフードフライとビールとウイスキーを注文。
とりあえずビールがやってきました。
クロの脳内に響く声はなんとかならんのかw
てか、しゃべらないんかね。
さて、結構デカイジョッキでやってきたビールを一気飲みすると、更にデカイビールを頼む。
酒には強いみたいですね。
このあとウイスキーも飲んでましたから相当な強さなのでしょう。
で、メインディッシュのシーフードフライ。
イカリングうまそう!
白身魚のフライはタルタルソースで食べるのが美味ですね。
てか、ドワーフの好物って海産物なんかね。
なんかイメージがわかない。
さて、酔いつぶれたドワーフは気がつくと掘っ立て小屋で寝ていましたね。
このあと、山奥に立派な家を立てるが、その一室には頑丈な鍵がw
異世界食堂へのドアを守る部屋ですね。
ところで、ビール代とシーフードフライの代金が大変気になりました(笑)
酔いつぶれていたっぽいけど払ったんかねぇ~

砂の国は魔法が発達している。
そんな砂漠の国の王子がアーデルハイドに恋をした。
でもかなり手こずっているようですね。
シャリーフのそばにいた女性が最初恋人かと思いましたが、まさかの妹。
しかも僕っ娘だと!
アーデルハイド目当てに今日も異世界食堂へ。
砂漠の真ん中にある異世界食堂。
砂漠で一休みしたいときにどうぞって感じで置かれてましたね。
扉が置かれる場所って、なにか意味がある感じなのかな…
さて、妹のラナーが頼んだのはクリームソーダ。
俺も大好きだ。
ウインナーコーヒーも好きだぞ。
しかしクリームソーダに入っている氷まで楽しんでいる所、砂漠の民なんだなって思いました。
そこへ来たアーデルハイド。
今日もチョコレートパフェですね。
いつ見ても美人です。王子が頬を染めて直視できない気持ちもわかる(笑)
この二人の恋話はチョコレートパフェのように甘い話になるのかな(ぉぃ)
次回はいよいよ気になっていた妖精さんの出番ですね。
納豆っぽいのが見えたけど…豆腐ステーキのお姉さんも出てきますね。
楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

>ドワーフの好物って海産物なんかね
この二人が住んでるのは内陸部なので海の物は干物ぐらいであとは近くの川の泥臭い骨の覆い魚ぐらいです。
代金はちゃんとはらってます(泥酔したのはその後なので

>クリームソーダ回

これコーヒーフロートってのが原作にあるのにアニメではクリームソーダ回とまざってるので色々無理やりな構成になってますね

No title

>クロの脳内に響く声はなんとかならんのかw
>てか、しゃべらないんかね。

 原作では、ある意味もっと酷い状況です……
 彼女――クロさんは、死の魔力を抑える為か、やたらと存在感とか気配とか言うものが物凄く薄く……接客自体をしていません。
(客の中で黒い衣装のウェイトレスの存在に気付いていない人多数の模様……)
 注文を聞く前に相手の思考を読み取って、店主にオーダーを送り、料理を出す。
 客の視線から見ると、席に座ったら、いつの間にか料理が置かれていたって感じになると言う……

 そう言う意味では、原作より存在感が増しましたね。
(web原作ではウェイトレスですらないから、増々存在感薄い感じでしたけど……)

Re: No title

m さん。コメントありがとうございます。

> >ドワーフの好物って海産物なんかね
> この二人が住んでるのは内陸部なので海の物は干物ぐらいであとは近くの川の泥臭い骨の覆い魚ぐらいです。
> 代金はちゃんとはらってます(泥酔したのはその後なので

それは確かに海産物が美味しくなりますね(笑)
群馬も内陸ですのでたまに大洗で海鮮丼を食べるとそりゃもう美味いのなんの…。
あ、お金払っていたんですね。
払わなかったら赤の女王が怒りそうw

> >クリームソーダ回
>
> これコーヒーフロートってのが原作にあるのにアニメではクリームソーダ回とまざってるので色々無理やりな構成になってますね

なるほど。一気にやっている感じなのですね。
でも原作見ていない人からすれば問題ないとは感じました。
尺に余裕があれば…別々でやるのもありですね。

Re: No title

夜夢 さん。コメントありがとうございます。

> >クロの脳内に響く声はなんとかならんのかw
> >てか、しゃべらないんかね。
>
>  原作では、ある意味もっと酷い状況です……
>  彼女――クロさんは、死の魔力を抑える為か、やたらと存在感とか気配とか言うものが物凄く薄く……接客自体をしていません。
> (客の中で黒い衣装のウェイトレスの存在に気付いていない人多数の模様……)
>  注文を聞く前に相手の思考を読み取って、店主にオーダーを送り、料理を出す。
>  客の視線から見ると、席に座ったら、いつの間にか料理が置かれていたって感じになると言う……

そう言えばクロの設定ってそういう暗い感じでしたね。
美少女なのですっかり忘れてました(ぉぃぉぃ)
無暗に喋ったら…客が全員死んでしまうとか有り得そうですね…

>  そう言う意味では、原作より存在感が増しましたね。
> (web原作ではウェイトレスですらないから、増々存在感薄い感じでしたけど……)

そうですね。
アニメでは普通に出番多いですからね。
もうちょっとシーンを増やしても良い気がしますが…
作品的に水着回とか温泉回とかは期待出来なさそうですかね……(泣)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異世界食堂 第9話 『シーフードフライ/クリームソーダ』 補足:ごゆっくりどうじょ!と異世界居酒屋「のぶ」

アレッタ初仕事。Web版でドワーフ2人はアレッタがバイトに入った直後に訪れています。なのでまだたどたどしくて噛んでしまいます。クロはWeb版ではバイトしないので居ません。  魚は低評価。ドワーフはイメージ通り鉱山の近く、つまり山に住んでいます。その為魚と言えば保存のため塩漬けにされたやたらしょっぱいものというイメージ。川があるじゃないかと思ったらこっちは泥臭い&小骨が多いそうで。無...

異世界食堂 第9話 『シーフードフライ/クリームソーダ』 異世界食堂で恋の予感。

異世界食堂ではお互いにあまり干渉しないのが不文律かと思っていました。今回はとある客に惚れちゃった人が出て来ましたね。 魚を食うのに何故登山なのか。2人のドワーフのうち、初めて連れてこられた方は文句タラタラ。そりゃ事情が分からなけりゃそう思う。たとえ出せても食えたもんじゃないと。  常連らしいドワーフもクロの念話にビックリ。新参の方は斧を引っこ抜こうとするな。サブタイトルのシーフード...

異世界食堂第9話

異世界食堂の娘御は美人揃いじゃが、わしら視聴者を満足させるには登場が少なすぎるわ

異世界食堂 テレ東(8/28)#09

第9話 シーフードフライ/クリームソーダ 酒職人のギレムに誘われて酒と肴を食べに山中を歩くガルド。 山中を歩くことが不思議だが、到着したのは掘っ立て小屋。 ギレムが作った粗末な小屋の扉が異世界食堂への扉だった。 そこでビールとシーフードフライを注文する。 タラ、ホタテ、イカリングの3種盛りだった。 よく冷えたビールに感動して大ジョッキを再注文。 アレッタがビールを注ぐ、クロにも教える注ぎ方、...

異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」

第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」 豪快なドワーフ編と恋に奥手な王子編w

異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」感想 妹に心配されるお兄ちゃんの恋の食堂。

ウェイトレス業もますます板についてきたアレッタちゃん。 うるさいドワーフたちに苦笑いしていたようですが、今週も頑張っていました。 そして砂国の姫のラナーさん、ボクっ娘要素もあるけれど、なんとも色っぽい女性ですね。 海の幸の美味しい料理を求めてねこやの扉をドワーフの二人連れがくぐって来ましたが、席に着くなりビールとブランデーを頼んで勢いよくジョッキを空ける彼らが賑やか過ぎまし...

異世界食堂 第9話 『シーフードフライ/クリームソーダ』

山の中で美味い魚を食うですって? ギレフでなくても、そんなことを言われても 信じられません。 『洋食のねこ屋』の扉を開けたドワーフにあいさつをするクロ。 早速、シーフードフライとビールをジョッキで それと、ウイスキーのボトルをロック。 ドワーフにかかれば、『洋食のねこ屋』は ちょっとしたお洒落な飲み屋ですね。 それにしても、大ジョッ...

異世界食堂「第9話 シーフードフライ/クリームソーダ」

異世界食堂「第9話 シーフードフライ/クリームソーダ」に関するアニログです。

親しい人にだけ教えたい店

Gremzキーワード:地球温暖化! 続・明日ガンバるからぁ~^^; 『異世界食堂』 第9話 menu 17 シーフードフライ ドワーフのギレムは友人のガルドを異世界食堂に連れて来ました。 扉を開けると・・いらっしゃいませ・・と、 直接頭に話しかけないで~wwなクロがお...

異世界食堂 #9

今回は、シーフードフライとクリームソーダのお話でした。 うまい魚と酒を飲ませると言われて、ドワーフのギレムは友人のガルドと共に山を登っていました。うまい魚を食べさせるというのに、山を登っていく。その不可解さがギレムには解せません。そして2人は、ガルドが作った山小屋へと到着しました。その小屋の中に、異世界食堂への扉があったのです。 扉をくぐった2人は、異世界食堂の客となりました。ビ...