FC2ブログ

このはな綺譚 第6話 「此花亭怪談」 感想

れずれずじゃのー
このはな綺譚 第6話 「此花亭怪談」 感想
今回は八百比丘尼と柚が出会ったきっかけがわかりましたね。
拾われなかったら柚は死んでいたっぽいですし。
そうなると柚の親とかはどうしたんだろうねって疑問もでる。
拾われた柚は最初は態度がひどかったようですね。
それでも起こらずに接する八百比丘尼。
ペットの正しい飼い方ですね。

怪談話。
怪談話をすると、幽霊が寄ってくる。
そんな話を聞いたことがありますけど、そもそもこのはな亭はそういう場所に近いところにあるんだからあまり驚きませんよね。
でも、皐はこわい話が苦手?
正確には、暗いのが苦手なようです。
威厳もなしに柚に抱き着いたりしちゃってますw
一方、蓮は棗に壁ドンをされてキスされそうになる。
あの棗がそんなことをするなんて偽物ですよね。
でも蓮はドキドキしながらキス待機(笑)
客が現れて突き飛ばしちゃいましたね。
ここで出てきた百合男子っぽい客。満足そうに出てきましたけど、満足したいなら何故もっと空気を読んで待たなかったのか?
幽霊の正体は、自殺したjkっぽいですね。
幽霊の正体が分かればこわくない皐だったが、でも暗闇はこわいという。
棗と皐の抱き合わせに嫉妬する蓮。
この二人のカップリングも悪くないですね(笑)
てか、棗と皐の組みあわせって大人の百合って感じで好き。
櫻も幽霊に同じ姿をされてしまうが、はさみを持っている方が本物ですね(笑)
どうしてもあの人形の髪を切りたいようですね。
果たして最終回まで髪は無事に守れるのか?

で、柚を引っ張ってきた皐の格好をした幽霊。
彼岸花が咲いている時点でもう嫌な予感全開でした。
柚の過去の話って結構いい話でしたよね。
八百比丘尼に拾われて、親しくなるまでの話。
まぁ、親しくなるまではあっさりだった気がしますが、やっぱり野生のキツネだと面倒ですからね。
色々と八百比丘尼も苦労したんだなって思いました。
てか、なんで八百比丘尼は柚を拾って育てたのか?
人材不足だったのかな?(←マテ)
幽霊と一緒に三途の川を渡ったら戻れないので幽霊とはお別れ。
幽霊も、純粋な柚には勝てなかったか…
それにしても、幽霊になったJKがなかなかリアルで怖かったですね。
学校であった怖い話ってやつを思い出すレベルでした。
人間、顔だけじやなくて中身も見ようねって教訓を今回から得られれば良いんでしょうかね~?
あと、八百比丘尼のお風呂シーンご馳走様でした。これからもお風呂シーンに期待しています。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさん、こんばんは~。

柚と比丘尼様の出会いがわかりましたね。
柚は氷漬けになってましたが捨てられたんでしょうか。
はじめは野生的だったんですね。

このはな亭で怪談話をしていたら本当に幽霊が。
皐って暗いの苦手だったんですね、これはまた意外な一面が。
仲間に化けてたぶらかそうと危うくニセ棗と蓮がキスするところでしたね。

幽霊になったあのJKはホラーみたいで恐かったです。

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます。

> キラシナさん、こんばんは~。
>
> 柚と比丘尼様の出会いがわかりましたね。
> 柚は氷漬けになってましたが捨てられたんでしょうか。
> はじめは野生的だったんですね。

捨てられていたのでしょうかね。
良いペットを拾いましたね(←マテ)
どっかに落ちてないかな…(←コラ)

> このはな亭で怪談話をしていたら本当に幽霊が。
> 皐って暗いの苦手だったんですね、これはまた意外な一面が。
> 仲間に化けてたぶらかそうと危うくニセ棗と蓮がキスするところでしたね。

ツンデレタイプで怖いものが苦手って言うと『ごちうさ』のリゼが思い浮かびました。
まぁ、強がっているほどお化けとか苦手ってギャップが良いんだと思います。

> 幽霊になったあのJKはホラーみたいで恐かったです。

たしかにリアリティありましたね。
元は可愛かったのに…
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第6話「此花亭怪談」感想

柚が比丘尼に拾われた時、氷漬けになっていたのが面白くて、お化けが怖くて抱きついてきた皐を(腰、細い、柔らかい)と思っているのがいやらしかったのと、お菊が櫻?に髪を切られそうになって涙目になるのが可愛くて、珍しくツッコミを入れた棗が蓮に浮気と勘違いされるのと、桐が「自分の身体に悪戯するのもまた一興」と言うのが可笑しかったのと、最後に幽霊の女の子が柚に「また会おうね」と別れを告げるのが良かったです。

このはな綺譚 第六話 此花亭怪談 思慮感想

真夏の夜の…

このはな綺譚 第6話「此花亭怪談」感想 比丘尼様はお母さん。柚ちゃんを見守り送り出す彼女の愛情の深さが心に沁みる。

拾われたと言うより比丘尼様に命を助けもらった幼い柚ちゃんが、子ぎつね可愛い。 1日のお仕事が終わり、桐さんも交えて怪談話に興じる柚ちゃんたち。 しかし夜更かししていたのを女将に怒られた後に、此花亭中の灯りが一斉に消えてしまい、みんなの居た部屋に現れた気配の正体を灯りを灯しに回りながら探ることになりましたね。 そして二人づつのペアに別れた彼女たちの前に仲間の姿に化けた幽霊...

このはな綺譚第6話

「おまえが送った彼女、あれがお化け、悪霊」「それ、三途の川よ」柚ちゃん気づいてな

このはな綺譚 #6

とにかく、ちび柚が可愛いお話でした!(^^) 柚たちは、みんなで怪談をしています。前回のお菊ちゃんの話といい、怪談好きだなあ。(^^; そこで語られたのは、ある女の子のお話でした。その女の子は、自分を他人に受け入れて欲しいのに、誰もその思いを叶えてくれません。それは自分だからだと思った女の子は、身を投げて自殺しました。そうして悪霊になってしまった女の子は、さらに人々から嫌われるように...

このはな綺譚 TokyoMX(11/08)#06

第6話 此花亭怪談 雪の中で凍った狐を発見した八百比丘尼。 連れ帰って育て柚と命名する。 柚は奉公に出されると思って頑張りすぎて失敗する。 桜は綺麗で人の心を癒やす。 でも桜は人間のために咲いているのではない、自身の生存に必死なだけ。 クチの悪い人も真意を知らずに悪口を言うものではない。 柚も大きく成長した、旅人が此花亭に泊まったことを話す。 そこには柚と同じ年くらいの中居も多いらしい。 柚...

誰かの花になって、私は私になる――「このはな綺譚」6話感想

 まるで作者みたいなキャラが……と思ったら中の人がご本人という。武装錬金のアニメの和月野ブヒ朗みたいなw 拍手返信:と~しきさん(このはな綺麗 5話感想) >女将とお菊ちゃんのやり取り、たしかに1話を彷彿とさせられるものがありましたね。過去回を思い出すといえば、お菊にお説教をしている蓮ちゃんに3話で見られた女子力の高さが思い浮かびました。  3話の蓮の恋する乙女ゆえの美への努力...

このはな綺譚「第六話 此花亭怪談」

このはな綺譚「第六話 此花亭怪談」に関するアニログです。

アニメまとめてプチ感想(このはな綺譚・URAHARA・アニメガタリズ)

このはな綺譚 第6話 設定が設定なだけに、見えないお友だちもやってくる此花亭。 分け隔てなく真心で接する柚ちゃんですが。 ”悪い”方のユーレイを見抜けるようになったほうがいいですね。 危うく三途の川を渡るところでした^^; おばけ苦手な皐ちゃん可愛かった(^^) ホラーテイスト回の一服の清涼剤が柚ちゃんのこれまで。 雪の中に豪快に埋まってたのねヽ(;´ω`)ノ 見つけて保...