FC2ブログ

りゅうおうのおしごと! 第7話 「十才のわたしへ」 感想

桂香のターン。
りゅうおうのおしごと! 第7話 「十才のわたしへ」 感想
序盤で、前回苦戦していた竜王の八一は、30手先を見つけることができて相手を投了させる。
30手先とか、相手が違う手を打たせないようにするのも難しいし、警戒だってされますよね。
銀を打ってきた意味がここでは解説されてませんでしたが、そういう相手にその手しか打たせないという意味があったのかと予想して置きます(違うと思うけどw)
で今回はそんな竜王の話ではなく、桂香の話。
こういう回を待ってました(笑)
桂香の周りには主人公しかいない。
損な強者しかいないからこそ、敗北の連続と年齢はさらにつらいようです。
銀子をチョロインにするすべを知っていても、将棋の先は読めない。
定跡に頼る将棋しか打たない桂香。
勉強をしているだけあって強いはずだが、その戦果がでないのはつらいですね。
そんな桂香の積み上げたノートに10歳からの手紙が…
女流棋士になれると思っていた若い日。
でも現実はこんなもんですね。
てか、周りが強すぎるのには同情しますw
この戦いで負けるようならやめる的な発言をした桂香。
お父さんもびっくりだw
気になっちゃいますよね~
で、桂香の初戦はかまs…もといツンデレjsの天衣。
ほらやっぱり! 天衣はかませじゃないですか~
相手の得意の一手損角換わりで攻める桂香。
完全に女流の風格ですね。
結果は天衣の負け。
あいさつもしないで逃げようとする辺り、子供ですね…気持ちは分かるけど。
で、次の対戦相手はラスボスのあい。
多分、ゲームだったら桂香にとってのラスボスはあいなんでしょうね。
三間飛車をつかってきてあいを圧倒する桂香。
結構驚いてましたけど、そこまですごい戦法じゃ無いと思うんだけど…(素人の意見)まあ、桂香の本気を見ているという意味で驚いたんでしょうね。
しかし、あいも負けてられません。
なんせメインヒロインですから。泣きながらもお互い本気の将棋を差し合います。
桂香の壊れるシーンは最高でした。
でも結局は桂香のまけ。
桂香もまた、この作品では残念なかませ犬になってしまうのか?
個人的には桂香の方が好きなんですがね~
これからも続ける決意を決めた桂香。
女流じゃ無くても将棋に携わる仕事につけば良いんですね。
で、八一の告白? みたいなのを将棋の方が好きって最後のシーンはよかった。
ヒロインしてたって感じで好きになれるシーンです。
これからの桂香の活躍が楽しみですね。
願わくば、「桂香のおしごと」なんてスピンオフがあれば見たいですねw

それにしてもこの作品。
将棋の内容をあまり解説してくれませんね。
最初に言っていた30手まで先を読んでいたってとこ、銀で受けた意味、その30手でどう勝利に導いたのか? とか解説とかがあると結構親切なんですが、そこまで尺はないですよね。
三間飛車が出てきたってことは、次は四間飛車とか出てくるかな?(笑)
次回も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : りゅうおうのおしごと - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

だいぶ桂香さんの闇はマイルド化してるんだよなーアニメでは^^;漫画版はしっかり原作を再現してるんだけどね。女の敵は女なのよって女流棋士を目指すうえで倒さないと女流になれないって部分とか銭湯の所で外食行かないかって八一の誘いを断り同窓会にいって同級生とのギャップ(会社や恋愛や結婚の話題や子共を連れて着てたり)をまざまざと見せられて落ち込んでたりとかね。
あと銀子の方も自分が才能無いって言う通り現実でも女流5冠が女流の試合をしながら奨励会でも徐々に昇段していき女性初の3段に上がり3段リーグで4段を目指したけど上位2名に入れなくてとうとう年齢制限にかかり18日のリーグ戦で負け越しが決まり勝ち越し延長ができなくて退会になってしまったみたいにプロ棋士(4段)以下の奨励会でも女流のトップクラスでも突破できない高い壁なんだよね

>将棋の内容

アニメじゃはしょりすぎてるんだよね^^;原作や漫画だとちゃんと解説がされてるんだけどね(実際にあった棋譜を元にしてちゃんと棋士の人の監修をうけてる どうやら羽生VS久保戦が元ネタみたいです。そもそも名人が羽生竜王の下位互換キャラ(下位互換とはいえ初タイトル奪取してからは一度も無冠になってない化け物)で久保王将の下位互換キャラが生石玉将なのでね。
詳しい解説は原作を読むか細かい解説を書いてる感想ブログか笑動画の解説動画を見るといいかも

今回はカっトがすごいのでね
3巻を2話の尺でやるために3分の2ぐらいカットしてる(歩夢の出番あったのに消されてる
始めのなたぎりさんの部分でも色々凄さが分かる所が全部カットになっててそれを乗り越えた八一の才能のヤバさが伝わらない状態になってます。
生石さんのセリフでなたぎりは同期のなかでも才能がまったくなく自分達とか才能あるやつらが居なくなってやっとプロ棋士になれたぐらい才能が無い分を努力と研究で最上位のA級棋士にまで上り詰めたって部分とかね(普通なら心が折れて消える存在だったのに

Re: No title

m さん。コメントありがとうございます。

> だいぶ桂香さんの闇はマイルド化してるんだよなーアニメでは^^;漫画版はしっかり原作を再現してるんだけどね。女の敵は女なのよって女流棋士を目指すうえで倒さないと女流になれないって部分とか銭湯の所で外食行かないかって八一の誘いを断り同窓会にいって同級生とのギャップ(会社や恋愛や結婚の話題や子共を連れて着てたり)をまざまざと見せられて落ち込んでたりとかね。
> あと銀子の方も自分が才能無いって言う通り現実でも女流5冠が女流の試合をしながら奨励会でも徐々に昇段していき女性初の3段に上がり3段リーグで4段を目指したけど上位2名に入れなくてとうとう年齢制限にかかり18日のリーグ戦で負け越しが決まり勝ち越し延長ができなくて退会になってしまったみたいにプロ棋士(4段)以下の奨励会でも女流のトップクラスでも突破できない高い壁なんだよね

桂香さんの闇がそこまで深かったとは…
アニメ見る限りだと、可哀想なお姉さんで終わっていますよね。
それにしても薄い本にされそうな闇ネタですね^^;
同世代の子供を見せつけられるのは女性にとって辛いものがあるかもしれませんね。

> >将棋の内容
>
> アニメじゃはしょりすぎてるんだよね^^;原作や漫画だとちゃんと解説がされてるんだけどね(実際にあった棋譜を元にしてちゃんと棋士の人の監修をうけてる どうやら羽生VS久保戦が元ネタみたいです。そもそも名人が羽生竜王の下位互換キャラ(下位互換とはいえ初タイトル奪取してからは一度も無冠になってない化け物)で久保王将の下位互換キャラが生石玉将なのでね。
> 詳しい解説は原作を読むか細かい解説を書いてる感想ブログか笑動画の解説動画を見るといいかも

おー。やっぱり原作だと解説はあるんですね。
まぁ、アニメじゃしょうがないですよね。
将棋は素人ですが、ある程度のルールと用語は知っているのでなんとか流せるんですが…全く知らない人にとっては理解できないでしょうね^^;
今回の三十手先を読んでたネタは結構気になったので調べてみます。

> 今回はカっトがすごいのでね
> 3巻を2話の尺でやるために3分の2ぐらいカットしてる(歩夢の出番あったのに消されてる
> 始めのなたぎりさんの部分でも色々凄さが分かる所が全部カットになっててそれを乗り越えた八一の才能のヤバさが伝わらない状態になってます。
> 生石さんのセリフでなたぎりは同期のなかでも才能がまったくなく自分達とか才能あるやつらが居なくなってやっとプロ棋士になれたぐらい才能が無い分を努力と研究で最上位のA級棋士にまで上り詰めたって部分とかね(普通なら心が折れて消える存在だったのに

歩夢きゅんの出番消されるんですか(笑)
彼はモブになってしまったのですかね~
しかし、重要な部分が消えるのは視聴者としてはちょっとつらいですね。
もうチョットゆっくりでいいから2クールぐらい使ってじっくりやってほしいものですね^^;
とりあえず桂香さんの今後の活躍に期待してます(`・ω・´)ゞ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

りゅうおうのおしごと! BSフジ(2/19)#07

第7話 十才のわたしへ山刀伐八段と名人で研究し尽くした振り飛車。八一はピンチな局面、でも敗北を受け入れることなく諦めない。名人も見ている、いずれは対戦することになる相手を考える。八一の指し手に違和感を覚えながらも指す山刀伐。八一は57手目で30手先を読み切っていた。名人との研究に奢っていたと反省して負けを認める。 ネット観戦していた銀子は八一の天才ぶりを解説する。彼は将棋星人、駒の...

りゅうおうのおしごと 第7話「十才のわたしへ」

第7話「十才のわたしへ」 おお、ガッツリ将棋してますよ!

りゅうおうのおしごと! 第7話 『十才のわたしへ』 待ってましたの桂香回!

負けると思った山刀伐戦。八一の手は名人と研究済み、こう言われたら勝てる気がしません。しかし諦めない八一、名人が見ているから。そう言って眼鏡を取った、これって伊達眼鏡だったの。最大限あがいて負けるのかな、そう思ったら突破口見つけましたね。まさかまさかの逆転勝利です。  この対局を銀子と桂香も見ていました。何が起こったのかわからない桂香、他方的確に分析する銀子。凡人と天才の差を感じます...

りゅうおうのおしごと! 第7話「十才のわたしへ」

りゅうおうのおしごと! #07「十才のわたしへ」 それでも好きだから諦めずに夢を追い続ける。

アニメ感想 18/02/19(月) #りゅうおうのおしごと! 第7話

りゅうおうのおしごと! 第7話『十才のわたしへ』今回は・・・桂香の回でした。前回の山刀伐との勝負は・・・勝ちましたね。特訓の成果が出たみたいです。桂香と天衣の勝負は・・・桂香が勝ちました。次は桂香とあいとの勝負です。桂香にとっては女流棋士になるために大切な勝負ですが・・・あいにとっても前回の件があるので、大事な勝負です。相手には後がないとは言え、わざと負けるってのは一番やってはいけないことで...