FC2ブログ

はねバド! 第13話 「あの白帯のむこうに」 感想

なぎさの勝利を願った結果
はねバド! 第13話 「あの白帯のむこうに」 感想
なぎさが勝ちました。
もう最後は苦しんで苦しんで勝利しました。
まずなぎさの足。
あんなにも限界を迎えていたのに動く足。
普通の女の子だったら試合に出るのも躊躇する状態なのに、なぎさはガチ勝負で試合に挑んだ。
しかも、その限界がある足を限界まで使い切って。
この勝負のためなら今後の人生に支障が出てもいいってぐらい動いていましたね。
この勝負こそ、インハイよりも大事なけじめの試合だからだったのでしょう。
むしろ、この試合が最終回でもう良いと思う。インハイの方も気になるけど、この締め方は個人的には好感持てた。
続きは気になるけどね。
そして綾乃の性格。
もうあの子二重人格者だよ。
勝つと思っていた相手に負けて浄化されたと思っていたのに。
その野心はまだ根付いていた。
綾乃は何のためにバドミントンをするのか?
それは母を苦しめるためではなく、自分のためにするってことにあの試合で気がついただろう。
綾乃のプレースタイルも今後どう変わっていくかも気になるところですね。

総評・B(A~Eランク中)
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する