FC2ブログ

ゴブリンスレイヤー 第9話 「往きて、還りし」 感想

黒幕現れず
ゴブリンスレイヤー 第9話 「往きて、還りし」 感想
さて、目玉を倒してからの防衛戦。
鏡を守っている感じでしたが、結局鏡はコンクリに埋めて沈めたそうです。
利用価値はもっとあると思うんだけど…とくにゴブスレとかは(笑)
そして、防衛戦で戦ったゴブリン達。あれで全員かな?(笑)
それよりも、鏡の向こう側にいたゴブリン達。
あれがすげー気になった。
船を作っていたり作業していたり。
あの場所…もしかしてちょくちょく言われているゴブリンが居る月なんでしょうかね。
ゴブスレはあの鏡の向こうに行って全滅させるとまではしなかったようですね。
多勢に無勢ですからね…
今回も戦い方が面白かったですね。
ただ、意味がわからなかったけど(←マテ)

で、剣の乙女。
最初から知っていたと申してました。
いや、確かに、もしかして剣の乙女が黒幕じゃないの? なんて密かに思っていました。
そんなわけもなかった。
実際は例の魔神の手先。
結局の所、全然姿を見せなかったけど、前々回に少し見せた? あの魔神の部下かな? が、ゴブリンを呼び寄せるために地下に鏡を設置したってことでオッケーかな。
てか、地下にゴブリンを呼んで何がしたかったのか。
単に町を滅ぼしたかったんかねぇ。
剣の乙女はなにか悪いことをしたみたいに申し訳ない感じでしたが…特に何もやっていないですよね。
ゴブリンは怖いよーって言いたかっただけじゃん。
強いけどゴブリンには弱い女。
そんな乙女の犯された過去がようやく…
ってなにそれー。
ほとんど止め絵じゃないですかーしかも短い、音声無いんですか!
松明でやられてひどい目にあったのはわかりました。
そこは別にいいです。
もっと体の部分を! 繊細に! 動きを出して! 揺らして! 詳しく!
どこまで酷いことをされたのか?
それを詳しくアニメでやってほしかったのよ。
やっと来たって思ったのにここだけは残念です。
ゴブリンさん最近1話で女の子をいじめすぎたって思っているのか表現力が弱い。
この作品の意味は?
ゴブリンさん達、今回は前回出番なかったせいか大量登場だし。そして全滅だし。
ハイエルフ一人の服も破ること無いし…何やってんですかゴブリンさん…(笑)
ゴブリンというモンスターは、弱いけどヤバイのよっていうのをもっと伝えないと。
その為には、やはり剣の乙女のやられているシーンが欲しかった。
俺としては、実は、剣の乙女が黒幕でゴブリンにやられてからその快感に目覚めたマゾで、日々知能あるゴブリンに自分を慰めてもらっていて、あの場所からゴブリンたちに支持を出していたっていう落ちても良かったんだけど…
それじゃゴブスレに依頼する意味がないからボツだしね(笑)
そんな変な妄想までさせてしまった剣の乙女。
結局は乙女だったわけよ。
ゴブスレのこと好きになっちゃうし。でも思いは伝わんないし。
リザレクションの時(性的に)やっちゃえばよかったのに(←マテ)
それはまぁ、薄い本とかでたくさん出てくるかな。
この作品で一番罪深きは、ゴブリンじゃなくて、沢山の乙女の心を弄んでいてなおかつ無関心なゴブリンスレイヤーよ。
一体何人の乙女を弄ぶのでしょうか。
これからも楽しみですね。
さて、氷菓子の伏線回収というわけで次回はかき氷パーティーでしょうか?
かき氷の知識は菓子を作るためじゃなくて、ゴブリン退治に利用するものかと思っていましたが(←マテ)
ハイエルフもだいぶデレてきましたね。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

>黒幕現れず
>地下にゴブリンを呼んで何がしたかったのか。

第6話の冒頭で噂されてた勇者に倒された魔神の配下が黒幕です
目的はかつて魔神王を倒した英雄の一人である剣の乙女への復讐
剣の乙女のところで働いてた侍女を惨殺し乙女に宣戦布告
戦力は剣の乙女が苦手意識を持ってるであろうゴブリン軍団(実際は魔神の配下が考えてる以上に剣の乙女はゴブリンを恐れてましたが)
そして町の人間を少しずつ生け贄にして邪悪な企みをしてたんですがチート勇者によって志半ばであっさりと討たれました

>ただ、意味がわからなかったけど(←マテ)

ドワーフの魔法で天井を崩落させゴブリン軍団を瓦礫の下敷きにして全滅
自分たちは転移の鏡で瓦礫を転移させて防ぎ、鏡の向こうのゴブリンの集落も壊滅させる一石二鳥の作戦です

>そして、防衛戦で戦ったゴブリン達。あれで全員かな?(笑)

ゴブスレの事ですから、あの後、死んだふりしてる奴や生き残ってる奴がいないか徹底的に調べて殲滅し尽くしたはずです

>剣の乙女はなにか悪いことをしたみたいに申し訳ない感じでしたが…特に何もやっていないですよね。

魔神の配下の犯行をゴブリンの仕業と情報操作しました
魔神の配下の企みなら軍も動いたでしょうが当然英雄の自分も戦わなくてはいけないわけです、ゴブリンと…
それが嫌だから嘘をついて地下のゴブリンは白ワニで抑え、冒険者にゴブリン退治を依頼してたわけです

間接的とはいえゴブスレがチャンピオンに殺されかけたのは剣の乙女の嘘が原因ですから恨まれてると思ってんでしょうね
ゴブスレさんは欠片の恨みも蔑みもしませんでしたが(理由が「おまえはゴブリンではないからな」なのはアレですがw)

あと町の人たちに自分が抱いてるゴブリンへの恐怖を少しでも理解して欲しかったという意図もあったんですが…
悲しいかな少し町で通り魔的な事件が起きた程度じゃ世間のゴブリンへの認識は変わらないのです
前話の誰もゴブリンを恐れてない平和な光景は剣の乙女にしたら誰も自分の抱いてる恐怖を理解してくれない絶望でしかなかったのです

だからゴブスレなら自分を理解してくれると縋ったんです
それに対してゴブスレは「理解はしてやれない」、「でもゴブリンは退治してやる」、「ゴブリンが出たらいつでも呼べ」、「夢の中であろうとゴブリンは退治する」
という同情も傷のなめ合いも無しの、それでいて男前な答えを返してるわけで、そりゃ惚れますねw

>どこまで酷いことをされたのか

他の冒険者に救助されるまでの数ヶ間、拷問と陵辱を受けてました

Re: No title

通りすがりの幻想殺し さん。コメントありがとうございます。

> >黒幕現れず
> >地下にゴブリンを呼んで何がしたかったのか。
>
> 第6話の冒頭で噂されてた勇者に倒された魔神の配下が黒幕です
> 目的はかつて魔神王を倒した英雄の一人である剣の乙女への復讐
> 剣の乙女のところで働いてた侍女を惨殺し乙女に宣戦布告
> 戦力は剣の乙女が苦手意識を持ってるであろうゴブリン軍団(実際は魔神の配下が考えてる以上に剣の乙女はゴブリンを恐れてましたが)
> そして町の人間を少しずつ生け贄にして邪悪な企みをしてたんですがチート勇者によって志半ばであっさりと討たれました

黒幕があっさり死んだのはわかりましたが、剣の乙女がゴブリンが苦手だってことを敵側が知っていたっていうのは驚きましたね~
このままゴブリンを放置していたら、本当に街は全滅していたんでしょうね。

> >ただ、意味がわからなかったけど(←マテ)
>
> ドワーフの魔法で天井を崩落させゴブリン軍団を瓦礫の下敷きにして全滅
> 自分たちは転移の鏡で瓦礫を転移させて防ぎ、鏡の向こうのゴブリンの集落も壊滅させる一石二鳥の作戦です

下敷きにした→何となく分かる。
転移の鏡で自分たちを守る→何となく分かる。
鏡の向こうのゴブリンにアタック!→すごい発想ですわ。
確かにこれなら鏡の向こうに行ってゴブリンを倒さなくても良さそうですね。
ただ、鏡の向こうが、どこなのかが結構気になりましたけどね(笑)

> >そして、防衛戦で戦ったゴブリン達。あれで全員かな?(笑)
>
> ゴブスレの事ですから、あの後、死んだふりしてる奴や生き残ってる奴がいないか徹底的に調べて殲滅し尽くしたはずです

やりそうですね~
数数えてますからその分死亡確認しそう。

> >剣の乙女はなにか悪いことをしたみたいに申し訳ない感じでしたが…特に何もやっていないですよね。
>
> 魔神の配下の犯行をゴブリンの仕業と情報操作しました
> 魔神の配下の企みなら軍も動いたでしょうが当然英雄の自分も戦わなくてはいけないわけです、ゴブリンと…
> それが嫌だから嘘をついて地下のゴブリンは白ワニで抑え、冒険者にゴブリン退治を依頼してたわけです

ゴブリンが関わるともう戦えないほどにトラウマになってしまっているんですね。
というか、どんな軍隊でもゴブリンとかいそうだから、大群との戦いになったてゴブリンがいただけで戦えなさそうですね(^o^;
個人的には、ゴブリンを見ただけで失禁するシーンが欲しかった(笑)

> 間接的とはいえゴブスレがチャンピオンに殺されかけたのは剣の乙女の嘘が原因ですから恨まれてると思ってんでしょうね
> ゴブスレさんは欠片の恨みも蔑みもしませんでしたが(理由が「おまえはゴブリンではないからな」なのはアレですがw)

ゴブリンを殺せれば、ゴブスレにとっては他はどうでも良いんでしょうね(^o^;

> あと町の人たちに自分が抱いてるゴブリンへの恐怖を少しでも理解して欲しかったという意図もあったんですが…
> 悲しいかな少し町で通り魔的な事件が起きた程度じゃ世間のゴブリンへの認識は変わらないのです
> 前話の誰もゴブリンを恐れてない平和な光景は剣の乙女にしたら誰も自分の抱いてる恐怖を理解してくれない絶望でしかなかったのです

なるほど! そのためのアイスクリームでしたか。
ゴブリンなんと序盤から弱いモンスターでしか無いですからね…
やはり街をゴブリンで一杯にするしか恐怖を伝える手は(←マテ)

> だからゴブスレなら自分を理解してくれると縋ったんです
> それに対してゴブスレは「理解はしてやれない」、「でもゴブリンは退治してやる」、「ゴブリンが出たらいつでも呼べ」、「夢の中であろうとゴブリンは退治する」
> という同情も傷のなめ合いも無しの、それでいて男前な答えを返してるわけで、そりゃ惚れますねw

これは本気でゴブスレを巡っての女の戦争が始まりそうですね。
やっぱりリザレクションの時に既成事実を作っておけば…(笑)

> >どこまで酷いことをされたのか
>
> 他の冒険者に救助されるまでの数ヶ間、拷問と陵辱を受けてました

そのシーンを詳しく見たかったですね~
せめて声だけでもと思って期待していたのですが残念です。
あと、剣の乙女の出番がまたあれば良いですね~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴブリンスレイヤー BS11(12/01)#09

第九話 往きて、還りし 祭壇の奥に存在する鏡は、ゴブリンたちの村を映し出す。しかも船を持っている、この世界に訪れては帰っている。そんな世界の転移装置なのだと分かる。 しかし、ゴブリンたちには帰るための装置、奪還に接近してくる。 皆が判断に迷う中で冷静に大丈夫だと告げるゴブリンスレイヤー。各自に役割を指示して、ゴブリンを迎え撃つ罠を仕掛ける。現有魔法を確認して使用時期を的確...

ゴブリンスレイヤー 第9話 往きて、還りし 裏側感想

乙女の事情。