FC2ブログ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第7話 「タタリ騒動の元凶」 感想

ようこそ龍造寺家へ
遂に来ましたか…
ゲームでも不気味さ全開だったあの龍造寺のお家。
そしてこのゲームでもっともトラウマ的なというか、当時恐怖を感じていた龍造寺母も初登場。
不気味さ全開でニヤニヤしちゃいました。
一番印象に残っているのはあの土蔵。
もうね。鳥肌立ったわ。
あの土蔵。見た感じでも不気味さがよーく伝わっていましたね。
それだけじゃない。
あの土蔵の中にあるモノ。
そして出来事。
他のことは結構忘れているのに土蔵の中で何があったのかは昨日のように覚えている。
あの光景はやはり20年たった今でも忘れることは出来ない不気味な感覚がある。
さて、龍造寺の屋敷にあったタペストリー。
あんなのあったっけって感じでやはり忘れています(笑)
龍造寺家にあった重要な場所は土蔵はもちろんですが、あとはあの井戸も確か重要でしたよね。
ココらへんのゲームも曖昧ですが覚えていることはその2つ。
タペストリーはあったみたいですね(少し調べたw)
で、タペストリーに描かれている絵をスケッチするという澪スタイル。
今だったらスマホでパシャで終わりですね。
こういうところで思うんだけど、この時代にもカメラは当然あるっていうか、豊富とかの密会写真があるように。
そういうのがあるのに持ち歩かないのかな?
澪ってお金持ちだから持っていても不思議じゃないんだけど、多分カメラをもたせたらキャラのイメージが崩れるんだろうね。
あとは、龍造寺の襖を開けた時に発生したあの現象ってなんだっけ?
今回の話を見て一番に思ったのは…
やべー
原作ゲームやり直したい。
しかも持っている。
って感じです(笑)
とりあえず、さっきいった土蔵と井戸がこの話を面白くしたのは間違いないと思うのでそこらへん期待したいですね。
次回も楽しみだす。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

覇界王ガオガイガー対ベターマンには、大学生兼眼鏡っ子になった蔡火乃紀ちゃんレギュラーなので買ってください。ホビージャパンより発売中。

原作ゲームは、僕らの勇者王もとい檜山さんが主役やってるゲームで、ネット始めた頃知り合ったサイトの管理人さんもセガサターンでドハマりしたゲームって言ってたぐらいです。話ですが、次第に確信に迫りつつあるのでテンポも早まるでしょうね。

Re: 覇界王ガオガイガー対ベターマンには、大学生兼眼鏡っ子になった蔡火乃紀ちゃんレギュラーなので買ってください。ホビージャパンより発売中。

光になれ さん。コメントありがとうございます。

> 原作ゲームは、僕らの勇者王もとい檜山さんが主役やってるゲームで、ネット始めた頃知り合ったサイトの管理人さんもセガサターンでドハマりしたゲームって言ってたぐらいです。話ですが、次第に確信に迫りつつあるのでテンポも早まるでしょうね。

ドハマリでしたね。
攻略ノートとってましたから。
亜由美編はなんとなくチュートリアルって感じはします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO TokyomX(5/15)#07

第7話 タタリ騒動の元凶 三角山で目覚めたタクヤ、頭痛が酷い。夏休みが始まる、保健室で神奈とすれ違い。一条美月に呼出される、最近の龍蔵寺学長は変わった。母親がおかしいと告げている、葉巻を吸い、探偵を雇ったらしい。タタリ騒動は2人目なのに、3人目だと言った。父親、有馬広大の研究資料を龍蔵寺宅へ届ける。母親の梅は息子じゃない、変わってしまったと告げる。しかし息子を恐れて去っていく。400年前のタ...

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO第7話「タタリの元凶」龍造寺の母の意味深発言

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO第7話「タタリの元凶」は、龍造寺の身辺を調べるエピソード。 初めの日に戻ると少し歴史が変化していた アバンは有馬博士がタクヤに初めの時に戻る事を宣告。 するとタクヤは双子山で気絶した日に戻ってた。 2週間前だったか1ヶ月だったか、どのくらいの期間をループしてるのかすら忘れた……。 タクヤが登校すると、龍造寺と亜由美が談笑していた。 龍造寺は「タタリ騒動で3...