FC2ブログ

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第25話 「約束の儀式」 感想

究極の選択にもならない選択。
娘か地球かどちらを選ぶか?
たくやは地球を選びました。
いや、最初から選択肢などなかったのかもしれない。
レジスタンスの処刑も止めてしまう程の事態。猫の手も借りたい状況。
てか、レジスタンスの処刑のシーンで「打て~」って言ってから神帝が止めてたけど、あれ何人か打っちゃってないかい?(笑)
レジスタンスとの共闘で戦う相手は龍蔵寺
儀式の時間は30分。
グランティアとの会話でユーノは真っ裸にされる。
だからあの時、裸だったんだねって感じの。
龍蔵寺の奇襲に対して、バリアを張っての綴じ込め作戦も、外から呼んだ化け物によって破壊されそうになる。
ここらへんのシーンってRPGっぽい暑い展開だよね。
途中でアマンダが時空間に放り投げ出されるけど、これでさかのぼってカンナちゃんが誕生するって訳だね。
防衛戦のカウントがすごく長く感じるが、次回はいよいよ最終回。
サブタイトルは予想どおりのタイトル。
なんかね、アニメだと随分と変えられている気がするんだけど、最後にどう締めるのか?楽しみですね。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第25話 約束の儀式 妨害感想

犠牲になってないのだ。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO TokyomX(9/25)#25

第25話 約束の儀式 デラ=グラントが別の異なる次元世界に接近、衝突するかもしれない。それを回避するには巫女としてユーノが儀式に参加することが必要。ユーノが儀式で助かる可能性は殆どない。それでもデラ=グラントの人々を助けるには彼女の犠牲が必要。神帝はレシタンスの処刑を止めて真実を知ったので協力を求める。この世界を守るためには儀式が必要だと。アマンダは神帝の言葉に賛同して儀式を警備する。レジス...