FC2ブログ

へやキャン△ 第6話「あのころは、ふたりとも」 感想

ふたりの間に入る者はいない。
今回はあおいと桜の昔話。
あおいは結構昔から悪がきだったんですね(笑)
でも、かまくらを芸術品にする辺り、キャンプして無いで美術部に入った方がよかったんじゃないだろうかとも思った。
スタンプは一気に二個も増えてましたね。
前に予想していた通りになってしまった。
2クールはないんか…
できれば、名所を巡っているんだからもう少し丁寧に場所の解説やネタをしてほしいかなと思うのが本音。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

へやキャン△ 第6話 あのころは、ふたりとも 感想

小さい頃(小学生くらい?)、犬山あおいが家の前に雪でかまくらを作ったら、 どっかの悪ガキにいたずらされて、翌日、バリ島の遺跡みたいになってたと。 このいたずらをしたのが大垣千明。 この2人は幼馴染ではなく、中学からの知り合い。 順調に3人でスタンプを押していく。 南部の火祭りが行われるという場所で中学2年生の時のことを思い出す2人。 犬山あおいが投げた火が大垣千明にぶつかりそうになっ...