FC2ブログ

球詠 第1話「運命の再会」感想

やきゆしようぜ
全く関係ない話から書くんだけどちょっと聞いて欲しい。
まずこの記事を書く前に一回この球詠の感想を書いたんだよ。
だが、ブログに転送しようとした時に何故かメモ帳から消えていたんだよ。
つまり、今書いているこの文章は、この1話の感想2回目執筆になるんです。
だからなんだよ?って思いますよね。
はい、それだけです。
ただ、2回目執筆なので、もしかしたら1回目に書いた感情がないかもしれないことをご了承。

で、本題ですが…
美少女野球といえば、最近だとハチナイを思い出しますね。
私としては、大正野球娘も忘れてもらっちゃ困ります。
ハチナイはキャラデザだけはキレイでしたよね。
私は野球の大まかなルールは知っているつもりですが、但し、細かなルールや動きまではしりません。
だから、ちょっと野球っぽい動きをしてしまえばそれで納得してしまう勢です(笑)
ハチナイはちょっと違和感が多かったですけどネ。
で、球詠はどうかといえば、…
うーん。野球ですね(適当)
いや、先程言ったとおり細かい動きの指摘はよくわかりません。
動きは良いと思いました。
ただ、作画が独特ですね。
このすば関係者らしいですが、このすばの人と言われて少し納得しました。
しかし。野球をやっているのだから、ある程度体ができた女子を演出するのは自然。
個人的には、太ももがたいへん美味しそうでした。
まんがタイムきらら枠なので、ドキドキビジュアルを期待できるはずです。
幼馴染との再開ということで、前期やっていた『恋する小惑星』を連想させますけど、こちらはどんどん仲間が増えていくご様子。
メガネっ娘もいるっぽいですね。
次回も期待しましょう。
私に野球を教えて下さい(笑)
視聴決定。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさん、こんばんは。

きらら系なのでこの作品みてみました。

詠深は本格的は変化球を投げられるんですね。
球姫はちゃんと取っちゃうし、すごいです。

詠深は中学時代やる気のない面々に囲まれていたので魔球を投げられなかった。
とんだ野球部でしたね、野球をなめるな!

この世界では女子も硬質の野球をやっていてプロリーグもあるみたいですね。

声優陣が知らない人ばかりでした。
富田さんしかわかりませんでした。

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます

> キラシナさん、こんばんは。
>
> きらら系なのでこの作品みてみました。

私は調べるまできららだと知りませんでした(笑)

> 詠深は本格的は変化球を投げられるんですね。
> 球姫はちゃんと取っちゃうし、すごいです。

いきなりすごい技を投げられると、後でスランプがでかくなる予感。
キャッチャーも大変ですよね…

> 詠深は中学時代やる気のない面々に囲まれていたので魔球を投げられなかった。
> とんだ野球部でしたね、野球をなめるな!

やきゆキツイですからね。
女子だから甘いって意見もありそうですね(^o^;

> この世界では女子も硬質の野球をやっていてプロリーグもあるみたいですね。

ですねー。
活躍の場が広い世界ですね。
さすがまんがタイムきららです。

> 声優陣が知らない人ばかりでした。
> 富田さんしかわかりませんでした。

私も富田さんは一発でわかりました。
前期大変お世話になりましたからね~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

球詠 第1話 「運命の再会」

再び芽生えた野球への思い おもしろそうなので見てみました

球詠 TokyoMX(4/02)#01新

第1話 運命の再会 新越谷高校に入学した武田詠深。武田詠深の隣は週間ペナントを読む川口芳乃。詠深が野球経験者と知って仲良くなる。手を触りたい芳乃に双子の姉の息吹も参加。完全に芳乃に懐かれる。双子と仲良くなる、放課後は遊びに行く。廊下で幼馴染の山崎珠姫とすれ違う。幼い頃にキャッチボールをした仲だった。高校で野球部は休止中らしいが4人が集まったのでとキャッチボールを始める。詠深は中学時代はピッチ...

球詠 第1球 運命の再会 恵体感想

一球入魂。

アニメ感想 20/04/01(水) 球詠 第1話(新)

球詠 第1話『運命の再会』(新)いよいよ今期の新番組の放送が始まりました。新番組1本目は球詠です。今期のきらら枠ですね。女子の野球がテーマということで、なんとなく去年やってた八月のシンデレラナインに雰囲気似てるかな。まぁ単に女子が野球するってところが同じなだけですけど。てか、さり気なくハチナイのCMやってましたね。やっぱり意識してるのかな?高校に入学してきたところから始まりましたが、案の定野...