FC2ブログ

球詠 第9話「流れの作り方」感想

マエケン体操って流行ってるの?(笑)
球詠 第9話「流れの作り方」感想
というわけで、途中で出てきたマエケン体操の動きがすんごく気になったけど、今回は前回に続き影森との試合。
投手のフォームをパクられて、ブチぎれた影森の第2形態、つまり本気モードがようやくスタートしましたね。
でも、本気になったという情報は、「相手の精神的な不安定状態始まった」という弱点を晒しているという状態であると思うのよね。
ここで取り乱出さずに冷静に判断できたらコールド負けという状態まで追い込まなかったと思うし、結果論かもしれんが。
それに、影森にはピッチャーが一人しかいなかったのか、ファールボールを長く打たれ、投球数が増えると自然と劣化して行くのは目に見えてる。影森はスピード勝負という強そうでもろいチーム。もろ刃の刃だったのだろう。
でも、一回戦。次の大戦相手が本番。
影森は残念だけど、あのピッチャーとは今後も絡んでほしいかなと個人的には思った。
まぁ、一回戦で負けたんだから、早く帰って身内だけで練習ができるという願ったり叶ったりの試合にはなったんでしょ。
でも、彼女たちの心にはなにかもやもやが生まれたとか?
そんな心なんて、とっくにあってもおかしくはなかったんだけど、それだと今までの試合完全無敗ってことにもなるんだけど…相手、つまり新越谷が新参で一年生ばかりチームというのに加えて、コピー投球されたというのが強く印象に残って嫉妬にまで発展したんだろうね。まぁ、結果オーライということで。
これで最終回までは第2試合をやるんだろうかね。
この勝負、分からなくなってきたね。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさん、こんばんは。

影森高校の投手はいきり立って息吹にデッドボールでも
ぶつけるんじゃないかと思っていたら、案の条でした。
顔面じゃなくてよかったですね。
投手が一発退場になりそうですが。

今回の試合新越谷のコールド勝ちとなりました。
崩れ出すと止まらなかったですね。
詠深の登板はナシ。
影森高校の望み通り早く試合は終わりました。

次の相手は強豪リョウユウカン。
さすがにこれは・・・無理っぽいですね。
互角の戦えるのは序盤だけですか。

さてどこまでやれるか。

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます

> キラシナさん、こんばんは。
>
> 影森高校の投手はいきり立って息吹にデッドボールでも
> ぶつけるんじゃないかと思っていたら、案の条でした。
> 顔面じゃなくてよかったですね。
> 投手が一発退場になりそうですが。

そうですよね。
デッドボールって結構揉め事になりやすいですからね。

> 今回の試合新越谷のコールド勝ちとなりました。
> 崩れ出すと止まらなかったですね。
> 詠深の登板はナシ。
> 影森高校の望み通り早く試合は終わりました。

コールドのルールを完全に忘れてて私もなんで終わったんってなりましたね~
ほんと、早く帰れてよかったですね。
まさかコールドに持ち込んで早く帰れたーってなるとは思いませんでしたわ。

> 次の相手は強豪リョウユウカン。
> さすがにこれは・・・無理っぽいですね。
> 互角の戦えるのは序盤だけですか。
>
> さてどこまでやれるか。

強豪だけあってすぐには帰れなさそうですね(笑)
あの球が何処まで通用するのかが見ものですね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

球詠 第9球 流れの作り方 盤石感想

圧倒的じゃないか。

球詠 第9話 「流れの作り方」

流れに乗ったぜ だが本当の戦いはこれからだ

アニメ感想 20/05/27(水) 球詠 第9話

球詠 第9話『流れの作り方』今回は・・・前回の試合の続きですね。なかなかいい勝負でしたが・・・なんか一気に流れが変わりましたね。大量得点でコールド勝ちでした。早く帰りたいからわざと・・・ってわけではなさそうですね。まぁ勝てて良かったです。次の相手は優勝候補のチームですね。これが事実上の決勝戦みたいな?勝てる可能性は・・・あるのかな?先生のシミュレーションでは少しは可能性あるみたいですけど。ゲ...