FC2ブログ

新サクラ大戦 the Animation 第9話「驚天動地!クラーラの真実」感想

白秋パイセンが白マントだった…だと!?
衝撃の事実。
白秋先生が白マントだった!
うん、知ってたけど。

むしろ知らない人って居たのだろうか?
99%は知っていたと思う。残りの1%は今回だけしか見ていない人ってことで。
まぁ、そんなシーンが一番印象に残ってしまった今回だけど、クラーラの正体は降魔人間。ナディエージダであることがわかった。ここか一番衝撃の事実だったかな。レイラもクラーラもナターリャが降魔と人間の共存という野望の研究を元に作られた実験人間。なんか、優しい顔して結構すごい実験してんだなーって思った。
共存って…ナターリャに昔なにかあったのかってほうが気になるわな。なにかきっかけがないとそんな発想生まれないだろう。それとも昔、降魔に襲われた経験があるからそういう考えに至ったのかね。
まぁ、きっかけや過程はここではどうでもいいんだろう。
今起こっている事実は、クラーラが一番強いナディエージダであることらしい。
だからカミンスキーはクラーラを発している。
レイラで我慢しとけよ…このロリコンが(←マテ)
空中要塞が海に潜れるって設定。
花組はこれを見逃していたらしいが、そもそもあんな事を起こした敵の巣窟を見張りもしていなかったのかって話にもなってしまう。
にしても…レイラの覚醒モードかっけーって思った。
片目をクリスタルの鱗っぽいので塞ぐ衣装。これは中二病をくすぐる格好だよね。
そして、再びクラーラがレイラによってさらわれる。
こいついつも攫われているな。
まるでピーチ姫だよ。
でも、力は補充しないといけないようね。
補充して完璧になったクラーラが次回サクラたちを襲うってところか。
次回も楽しみです。
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

キラシナさん、こんばんは。

忙しくなってきたので少し休止したいと思います。
夏アニメがはじまるころには帰ってきたいと思います。

誠十郎隊長が有益な情報をもたらしてくれました。
まずモスクワ華劇団は全員死亡していると。
そしてレイラとクラーラは降魔人間だったと。
本当は軍事利用するつもりだったんじゃ。
機械人形2体を一撃で倒す隊長は強いですね。

帝国華劇団と偽モスクワ華劇団の戦闘機の対決は見どころがありましたね。
レイラは堕天使に変身。
1話ででてきた堕天使はレイラでしたか。

そして衝撃の真実が。
白マントさんの正体は師匠でした。
まさか白マントの正体が師匠だとは思いませんでしたよ(棒読み)

セバストーポリの砲撃でさくら機が戦闘不能に。
セバストーポリって調べてみるとロシアの都市で昔戦いもあったそうです。
ウクライナ領だったのをロシアが強奪したそうです。

Re: No title

諸葛鳳雛 さん。コメントありがとうございます

> キラシナさん、こんばんは。
>
> 忙しくなってきたので少し休止したいと思います。
> 夏アニメがはじまるころには帰ってきたいと思います。

実はブログの方で、すでに確認しています(笑)
ゆっくり休んでください^^;

> 誠十郎隊長が有益な情報をもたらしてくれました。
> まずモスクワ華劇団は全員死亡していると。
> そしてレイラとクラーラは降魔人間だったと。
> 本当は軍事利用するつもりだったんじゃ。
> 機械人形2体を一撃で倒す隊長は強いですね。

そうなんですよね。
だからこそ、隊長は帝国華撃団に残ってバックアップしてほしいものですよね。

> 帝国華劇団と偽モスクワ華劇団の戦闘機の対決は見どころがありましたね。
> レイラは堕天使に変身。
> 1話ででてきた堕天使はレイラでしたか。

あの片目が隠れたレイラが結構かっこよかったです。
カミンスキーの目の付け所を評価しました。

> そして衝撃の真実が。
> 白マントさんの正体は師匠でした。
> まさか白マントの正体が師匠だとは思いませんでしたよ(棒読み)

ホントマサカノジンブツデシタネー

> セバストーポリの砲撃でさくら機が戦闘不能に。
> セバストーポリって調べてみるとロシアの都市で昔戦いもあったそうです。
> ウクライナ領だったのをロシアが強奪したそうです。

名称にはそれぞれ色々な思いが込められているのかもしれませんね…
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新サクラ大戦 The Animation BS11(5/29)#09

第9話 驚天動地!クラーラの真実 昨日の出来事を新聞は曖昧な表現で描いていた。初穂は攻撃されたのにと憤慨遣方なし。真実を明かすことは得策ではない。クラーラが降魔であったことも明かさないといけなくなってしまう。欧州の神山隊長から連絡が入る。莫斯科の空中移動要塞セバストーポリは行方不明、クラーラも行方不明。セバストーポリは海底に隠れていた。レイラはクラーラが居なくてもカミンスキーに従って頑張りた...