FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ 第1話 【入口】感想

最初、湯音の声があやにゃんにソックリに聞こえました。
そんな感じで始まったクロワーゼ。
イメージとしては“エマ”のような舞台に和服ロリ美人が現れたって感じでしたねw
異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
(2007/12/08)
武田 日向

商品詳細を見る
部分的にフランス語で喋ってますがわからんがな~
せめて英語にして欲しかった…(←コラ)
フランスに来た湯音の目的は奴隷のような奉公?(←コラ)
それにしても小さい。日本人は外国人から見て小さい方だとは思いますが、子供である湯音とおっさんの比較が2分の1ぐらい違いますよねw

クロードで働くことになった湯音。
お辞儀したことに切れたクロード。
このアニメの土下座キャラですね?(←マテ)
湯音のおかげで店はピッカピカ、看板を修理していたクロードの店は、やっぱり経営難だと…
「人形かと思った」
珍しがってきた客を追っ払っらクロード。
せっかく来た客をおっぱらっといて“経営難”というなんて贅沢ですね。

ガッシャーン
店内を走りまわっていたら、いつか割ってしまうだろうと思っていましたが、1話にしてそれが実現w
これは気まずい。グーパンのひとつ来ると思っていたがそれはさすがになかったですね。
こんな可愛い子に土下座させられたら薄い本が(ry
ドカッ! バキッ! 
トラバさん「(#゚Д゚)黙れ!」

職人なのですぐに修理完了。
湯音が持ってきた着物をクロードに託してしまいましたが、実は500フランという……
500フランって価値がわかりませんが、きっとすごい値段なのでしょうね。
パソコン1台分(10万)ぐらいなのかな?(←コラ)

「いつか取り返してやる」

母親の形見だと知り取り乱すクロード。形見ともなるとさすがに悔やみますね。
あの着物を取り返すことが、この話の目的でしょうかね?

1話終わって。
西洋風と和風のコラボレーション。なにより湯音が可愛すぎるんですけど(^_^;)
あの子を見るためだけに視聴するのも悪くないですね。
願わくば、湯音のラッキースケ(ry
ドカッ! バキッ! 
トラバさん「(#゚Д゚)黙れ変態!」

今期は可愛いロリばかりですね。大いに結構!
ストーリーの方は特にこれと言った目的が、形見の和服を取り返すことぐらいしか思いつきませんが、それまでの心温まりそうなクロードと湯音のコミュニケーションを楽しみたいと思います。
視聴決定。
スポンサーサイト



テーマ : 異国迷路のクロワーゼ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

当時500フランは今の日本円でだいたい2500万円くらい

Re: No title

とおりすがり さん。コメントありがとうございます。

> 当時500フランは今の日本円でだいたい2500万円くらい
なっ、なんですとぉー━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
10万とか言ってしまって申し訳ないです。ぶっちゃけ、日本円以外の価値がわかりませんのでw

情報提供感謝です!(≧∇≦)b
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 入口 ~

異国迷路のクロワーゼ(いこくめいろのクロワーゼ) 第1話 入口  ~ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロ...

異国迷路のクロワーゼ 第1話 入口

原作は「GOSICK -ゴシック-」の挿絵も担当されていた武田日向さんの漫画で、物語の舞台は19世紀末のパリ。 主人公は小柄でおかっぱの黒髪美少女の日本人・湯音。 湯音の家では余所へ ...

異国迷路のクロワーゼ第一話 感想

私はこのギャルリの、家族になりたい 「異国迷路のクロワーゼ」第一話感想です。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」

 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。

「異国迷路のクロワーゼ」 #01『入口』

 #01「入口」  「わたしは、このギャルリの家族になりたい・・・」  湯音の打算の無い一途な気持ち・・・そして、文化は違えども思いは通じる・・・  う~ん、実に良い言葉です。  という...

異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口」

湯音ちゃんが可愛すぎる♪

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ▼ 異国迷路のクロワーゼ...

異国迷路のクロワーゼ 第1話(新) 「入口」 感想

待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の一画にある鉄工芸店『ロアの看板店(アンセーニュ・ド...

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話「入り口」

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話「入り口」です。 夏の

異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』

何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行~っちゃった~。  童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の?...

異国迷路のクロワーゼ #01 『入口』

長崎からパリに奉公に出てきた湯音。クロードに「ご主人様」と挨拶したらオスカーは、変態紳士よばわりされてしまう。

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「一人の人の献身がすべての者に力と勇気とを与える」

"LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されているそうです...

異国迷路のクロワーゼ 1話

日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome, do as the Romans do. 郷...

異国迷路のクロワーゼ 第一回 感想

「入口」 巴里の日本人形。

異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」 

異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日本人の少女を歓迎はしません。(以下に続きます)

『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想

さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ~い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが総作監だけにクオリティ...

新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話

パリにやって来ました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.30 メディアファクトリー (2011-09-21) ...

異国迷路のクロワーゼ #1

【入口】 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それは優しくて小さな出逢いの物語~♪っ ...

異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」

これは良い雰囲気の癒しアニメ 事前からそういうイメージで見てみたけど健気なヒロインや周囲の優しい人々との交流がいい感じでARIA(とはちょっと違うけど)みたいな作風イメージかも。湯音が頑張っているのを見て認めるクロードの場面など雰囲気を構成する各シーンの演出...

異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想

小さな大和撫子―

天地開闢以来、日本にk奴隷なんて存在しません!「異国迷路のクロワーゼ」

奴隷という制度は日本以外の貨幣経済と家畜市場の発達した社会では必須のシステムです。 ほんの数十年前まで北米大陸では奴隷制に基づいた差別が厳然として存在していました。そんな脛に傷もつ国家が南アフ...